iPadに最適なキーボードを選ぶための情報まとめ


iPadを持って外でテキスト編集するならBluetoothキーボードは必須アイテムです。

iPadキーボード基礎知識 3つのタイプから選ぼう


iPadキーボードには大きく分けて3つのタイプがあります。

まずノートブックのように使える「クリップ型」。iPadを可動式のクリップで固定するため画面を好きな角度にできるメリットがあります。取り外しも簡単なのでタブレットとして使いたいときにも困りません。

スタンド型」はキーボードに立てかけるタイプで、最もコンパクトなスペースで作業できます。このタイプも立ち外しが楽でタブレットとしての使いやすさを犠牲にしません。

最後に「カバー型」はiPadの保護カバーとして使えるタイプで、カバーのフタ部分にキーボードを備えています。取り外しは手間がかかりますが、カバーとしても使いたいときに便利な製品です。

iPad mini向けBluetoothキーボード

iPad mini向けのキーボード選びのポイントは、タイピングの精度や重さです。横幅が小さくなるため、キー間隔が狭い製品は打ち間違いが多くなります。評価されている製品は、キーの数を減らすなど工夫されています。

また重量が重くなりすぎると携帯性が悪くなり、iPad miniの良さが失われてしまいます。軽すぎる場合も安定性が失われてしまいます。
適度な重さ、素材、打ちやすいキー配列のものを選びたいところです。

Bookey Smart

iPad miniの携帯性を損なわない極薄キーボードを採用したカバーです。デザインはSurfaceを彷彿とさせます。どの色とも相性のよいブラックとホワイトの2色が用意されています。


低価格と実用性の高いデザインで定評のあるAnkerからリリースされているiPad mini向けのキーボード付きカバーです。
キー間隔もよく打ちやすくて剛性も十分です。背面に滑り止めがないため、固定するシールなどを付けるとより安定します。

Anker iPad mini ウルトラスリムキーボードカバー iPad Mini/Mini Retina/Mini2/Mini3 に対応 (iPad Mini 4非対応) オートスリープ自動ON/OFF機能付 【18ヶ月保証】


iPad向けキーボードの高級機、ロジクールのウルトラスリムキーボードです。
価格帯としては最も高い製品になりますが、その価格の通りの安定感と打ちやすさ、高級感を備えています。チープな使用感に我慢できない人、長く使いたいならロジクール製品がおすすめです。

LOGICOOL ウルトラスリム キーボード ミニ シルバー TM715SV


キーボードについたクリップでiPad miniを挟んで固定します。折りたたみ式のノートPCのように使えるため人気です。好きな角度でタイピングしたいならこのタイプがおすすめです。

【F.G.S】iPad mini (retina)がノートパソコンに変身!iPad mini(retina)専用ノートパソコン型キーボードキット F.G.S正規代理品

iPad AirやiPad Pro9.7向けキーボード

iPad AirとiPad Pro向きのキーボードは横幅も適度にあり、長文でも疲れずにタイピング可能です。キーの音が気にならないか、打ち心地が良いかなど質にこだわって良いと思います。

iPad Pro 12.9インチ向けキーボード

iPad Pro 12.9インチはフルサイズのキーボードが使えますが、まだ種類が少なくSmartConnector対応の製品も限られています。
Bluetooth接続タイプか、SmartConnectorタイプか価格やデザインで選びたいところです。

キーボードアプリまとめ

スポンサーリンク

フォローする