直線ツール(Quickline)の使い方

Procreateの直線ツールの使い方の解説です。
バージョン 3.0から追加された機能で、ジェスチャーを使って直線をサクッと描けます。

↓以下のページで最新の情報を記載しています。

直線がジェスチャーで素早く描ける「Quickline」機能

ipadimage
要望は多かったにもかかわらず、なかなか搭載されなかった直線ツールが遂に登場。
使い方は「線を描いたらしばらく指を離さずに待つだけ」というシンプルなものです。

ipadimage
例えば、このようなヨレヨレの線を引いても、指を離さずにしばらく待つと…

ipadimage
ピンと弦を張ったようにきれいな直線に補正されます。途中はどれだけ曲がっていても補正してくれます。


補正されたら指を離さずに、そのままドラッグして終点を移動できます。

ipadimage
もしもQuicklineが不要、もしくは補正されるまでの時間を調整したいときは設定で調整できます。
アクションパネル内の「環境設定」の項目の中にある「Quicklineの遅延」で、スライダーを左端にするとオフにできます。右方向へ動かすと、補正されるまでの時間を伸ばせます。

選択ツールに切り替えるとポイントの再編集が可能

image
直線ツールで描いた直線は後から再編集が可能です。

描画した後にすぐ「直線ツール」に切り替えます。すると直前に描いた直線に編集ポイントが表示され、指でドラッグして動かせます。

直前に描いた線だけしか使えないテクニックですが、正確に描きたいときにはかなり重宝する機能です。

水平垂直に線を描く方法


直線を水平垂直に描きたいときには、終点を動かしながらキャンバスの別の場所をタッチします。すると角度が固定されるモードになり、正確な水平垂直線が描けます。


水平垂直以外は斜めの角度は15度間隔に固定されます。
角度を細かく編集する設定はないため、

以上、直線ツール(Quickline)の使い方でした。

スポンサーリンク

フォローする