Procreateアプリの使い方・機能解説まとめ

Procreate(プロクリエイト)は高速な描画エンジンを使用したiPad定番のお絵かき・イラストアプリです。鉛筆や水彩などアナログ感のある画材を上手く再現しつつCGらしい高いカスタマイズ性も備えています。Photoshopのように自作のブラシ形状やテクスチャを登録可能で無制限にブラシを追加できます。
インターフェースがiPadに最適化されていて作業領域が広いため、小さな画面でもストレスなくお絵かきができます。昔より少し値段は上がっていますが、無料アップデートで機能が追加され続けています。

Procreateの基本機能と作業インターフェース

描画・編集ツール
ブラシ・ぼかし・消しゴム・移動変形・範囲選択

画像調整
ブラー、ぼかし、明度/色相/彩度調整、トーンカーブ、シャープ、ノイズ

レイヤー機能
グループ、17種類のブレンドモード、レイヤーマスク

キャンバス
最大16000×4000px(iPad Pro)/ 8000×4000px(iPad Air2)

対応ファイル
JPG(JPEG)/PNG/TIFF/PSD/PDF/PROCREATE(独自ファイル形式)
※PSDファイルはレイヤー名の日本語文字化けあり

そのほかの主な機能
画面記録と動画出力、QuickMenu(ショートカットボタン)、ColorDrop(塗りつぶし)、Quickline(直線ツール)、キーボードショートカット、パース定規、左右対称描画、ワープ変形など

最新バージョン4.2の解説記事を掲載しました。

Procreate 4.2アップデート解説 | 新型iPad ProやApple Pencil2に完全対応。待望のリサイズやクリッピングマスクがついにやって来た!
Procreate 4.2アップデートの配信が開始されました。以前より公開されてきた情報の通り、今回のアップデートでは「クリッピングマスク」「キャンバスのリサイズ」など強い要望のあった機能が追加されています。さらにジェスチャーだけで図形...

アプリの基本的な使い方解説・レイヤーの使い方

おすすめの環境設定や基本的なツールの使い方、レイヤーの使い方などを解説した記事をまとめています。Procreateではシンプルなインターフェースを実現するために、タッチジェスチャーで塗りつぶしや直線ツールなどを使用します。

Apple Pencilを使ってお絵かきしたい方は、初期設定を調整すると思い通りの環境が作れます。作業効率アップのヒントなどの情報も掲載しています。

Procreateの描き方とイラストテクニック

実際にイラストを制作しながら、ツールの使い方などを解説した記事をまとめています。レイヤーを使ってどのように描くとよいか、ブレンドモードの設定など実践的なテクニックをご紹介します。

また、各記事内で使用しているカスタムブラシも全て無料で配布しています。ブラウザでダウンロードリンクを開いて、そのままアプリにインストールできるようになっています。

今後も定期的に色んな絵柄のイラストで描き方解説記事をアップしていく予定です。定期的にチェックして頂けると嬉しいです。

カスタムブラシの無料ダウンロード

iPad Creatorブログの記事として定期的に紹介しているカスタムブラシです。基本図形ブラシ、コミック向けブラシや筆ブラシなどアプリにデフォルトで入っていない便利なものを用意しました。

以下のページから無料でダンロードしてアプリにインストールできます。

Procreateは海外製のアプリなのでマンガ向けのブラシや、線画用のペンが不足していると感じています。以下のブラシを追加すると少しだけイラストが描きやすくなると思います。

ぜひ好みに合うようにカスタマイズしてお使いください。

まとめてインストールできるブラシセット配布開始

Procreate4.1に対応したブラシセットファイルの配布を開始しました。BOOTHにて一部は有料の配布となりますが、いずれも低価格でご購入できますのでご支援よろしくお願いします。
有料ブラシセットは今後も継続して更新を行なっていく予定です。

iPad Creator Labo - BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)
iPad Creatorブログ管理人のNecojitaが配布するiPadクリエイターのための素材置き場です。ペイントアプリのブラシデータなど追加予定。有料のもの無料のものどちらもアップデート対応していきます。Procreate向け新イラストブラシセット(Apple Pencil&バージョン4.2専用)(¥ 150), ...

トラブルシューティング 困ったときの対処法

アプリの不具合や、バックアップ方法など対処法を紹介します。
大型アップデートなどがあると必ず不具合も出てきます。リリースされればすぐにチェックして対応記事を上げていく予定です。

動画で見るProcreateの使い方

Procreateには便利な動画出力機能があるため、多くのクリエイターがスケッチなどを投稿しています。投稿された動画の中から著名なイラストレーターや、描き方がわかりやすい動画を厳選して紹介しています。

寺田克也さんど著名なイラストレーターの方々を参考にして、スキルアップしていきたいですね。

お絵描きのチュートリアルを紹介したサイト外部リンク

Procreateの描き方や作品を紹介したページ(外部サイト)です。プロのクリエイターの方もProcreateを仕事で活用されているので、非常に参考になります。ぜひチェックしてみてください!

各バージョンごとのレビュー記事

毎回のアップデートで追加される機能を詳しく紹介しています。最新の記事ではバージョン4.1の新しいブラシ設定やジェスチャコントロールについて解説しています。

 

メーカー公式サイト:Procreate for iPad
公式フォーラム:Procreate forums – Index
英語版公式ハンドブック:Procreate Artists’ Handbook(iBooks)

Procreateとはどんなお絵かきアプリなのか?

ProcreateはiPad 2がリリースされた頃からApp Storeに登場している、iOSアプリとしてはかなり歴史のあるお絵かきアプリです。

iPadリリース当初には、BrushesとSketchBook Proの2つのアプリが人気を二分していましたが、徐々にiPadの性能アップに伴って多様なアプリがリリースされるようになっていきます。

そんな中で登場したProcreateはプロユーザーを想定した黒いインターフェースに、素早く操作するため考えぬかれたボタン配置(今まで一度も変更されたことはありません!)で初めから完成度の高いアプリでした。

また、今でこそ多くのグラフィックアプリで当たり前のように使われている「2本指タップでやり直し、3本指タップで元に戻す」のジェスチャーもProcreateから生み出されました。

スワイプなどのジェスチャー操作でツールを使うのは、一件ボタンがたくさん並んているアプリよりも機能が少なく見えて、効率が悪そうに見えます。しかし一度覚えてしまえば高速で操作できるようになり、PCでの操作を上回る快適さがあると思います。

現在でもテキストツールやグラデーションなどお絵かきアプリとしては一般的な機能でも、実装されていないものがいくつかあります。それらを追加するのは技術的に難しくなくても、本当に必要か吟味した上でじっくりProcreate流の操作方法を見出していく姿勢は変わりません。

個人的にもProcreateはラフスケッチや画像の添削などで常に使っていて、お絵かきツールとして使う以外にも幅広く活躍してくれています。
iPadにはなくてはならない存在です。

これからも一気に機能がたくさん追加されることよりも、安心していつでも頼れるグラフィックアプリとしてiPadにいてくれることを願っています。

Procreateに興味を持たれた方に少しでもアプリの魅力が伝わればと、日々記事を更新しています。

 
iPad Creator管理人 Necojita(ネコジタ)

 
▼Twitterで記事の更新をお知らせしています。
https://twitter.com/necojita

 

スポンサーリンク
iPad Creator