Procreateの描き方 | Alphaロックや選択を使ってはみ出さないようにキレイに塗る方法


お絵かきアプリのProcreateの基本的な使い方、「Alphaロック(アルファロック)」などを使用してキレイに塗る方法を解説します。レイヤーを使ったイラスト作りに効果的な方法です。

はみ出すことなくキレイに塗る2つの方法

このアプリでは「Alphaロック」を使うか「レイヤーの選択」を使えば、はみ出さないように塗ることができます。それぞれの方法を詳しく解説します。

↓塗り潰し(ColorDrop)ツールは以下のページで解説しています。

「Alphaロック」を利用する方法


レイヤーを「Alphaロック」する1つめの方法は、適用したいレイヤーの上で左から右へ2本指でスワイプします。そうするとレイヤーのサムネイルの背景が透明になり(市松模様になる)Alphaロックされたことが確認できます。


Alphaロックを解除するときは、もう一度2本指で左から右へスワイプ。
背景が透明になっているかどうかは、インターフェースを明るいにしておく方が確認しやすいです。


2つめの方法は、「クイックメニュー」から使用します。
メニューボタンを長押しして、編集するとリストから「Alphaロック」を選べます。これですばやくAlphaロックをオン/オフできるようになります。

Alphaロックされたレイヤーに描いた線はみ出さない


レイヤーに「Alphaロック」ができたら、そのレイヤーに描いた線ははみ出さずに描くことができます。

レイヤーの「選択」を利用する方法


レイヤーの「選択」機能を使っても同様にはみ出さないように塗れます。
まず適用したいレイヤーをタップして表示するオプションメニューから、「選択」を選びます。


「選択」された状態になると、選択範囲の外側が斜線で表示されます。斜線の上は描けないようになりますので、これを利用してはみ出さないように塗ります。

ここでAlphaロックを使う方法と違う点は、別のレイヤーでも選択範囲が適用されることです。1つの上のレイヤーに移動します。


別のレイヤーに塗ったときでも、選択範囲外にはみ出すことなく塗れます。また、レイヤーのブレンドモードを変更できるため影を付けたりするときに便利です。

レイヤーを多用するようなイラスト作りでは、こちらの方法をメインに使うことが多いでしょう。

まとめ

「Alphaロック」を使う方法と「選択」を使う方法はそれぞれ違いがあり、メリットとデメリットがありますので、描き方に合わせて使い分けると便利です。

私の場合は下地となる色を塗るときは「Alphaロック」、陰影や効果を重ねたいときにレイヤーの「選択」を使用しています。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク