Procreateの塗り潰し(ColorDrop)と基準レイヤーの使い方

Procreateの塗り潰し、バケツツールの使い方解説です。アプリ内では「ColorDrop(カラードロップ)」と呼ばれておりジェスチャー操作で使用できます。レイヤーの「基準」と組み合わせて使うことでパーツごとの塗り分けや編集が便利になります。

イラストを作るときにはよく使用する機能なので、ぜひチェックして見てください。

「ColorDrop」ドラッグして塗りつぶし


「ColorDrop」基本的な使い方は右上のカラーアイコン上をドラッグ&ドロップするジェスチャーを使用します。
指を離した場所が塗りつぶしされます。

カラーを長押ししてしまうと「前の色に戻す」機能になり、塗り潰しできません。

閾値の調整方法 → 塗り潰しがはみ出る場合の調整


線などで囲まれた範囲を隙間無く塗り潰したいときはドラッグしたまま、塗り潰したい箇所の上でホールド。少し待つと上部に「しきい値(閾値)」が表示されるので、指を左右にスライドさせて範囲を調整できます。

「しきい値」は数値が大きいほど塗りつぶしの範囲が広がります。塗りつぶしたい範囲を超えてしまった場合は数値を下げるように(左方向へドラッグ)操作しましょう。

「基準」でレイヤーごとに塗り分ける

ColorDropをさらに賢く使うには、線画レイヤーを「基準」に設定しょう。レイヤー操作パネルを開き、基準に指定したいレイヤーの上でタップ。オプションメニューが表示されたら、そこから「基準」を選びます。(基準の横にチェックが付く

基準に指定したレイヤーの枠を塗り潰し範囲として使用しながら、別のレイヤーに塗り潰しが可能になります。基準レイヤーの上下どちらに配置したレイヤーに対しても効果があります。

基準レイヤーの構造を図で表すと↑上のようになります。

現時点では基準を複数のレイヤーに設定する機能はありません。

「レイヤーを塗りつぶす」機能でレイヤー全体を全部塗りつぶす

選択範囲をまとめて塗りつぶすときや、レイヤー内を一色で全て塗りつぶしたいときには「レイヤーを塗りつぶす」機能が便利です。使用するには塗りつぶしたいレイヤーをタップしてメニューを表示させます。そこから「レイヤーを塗りつぶす」をタップすれば完了です。

先に紹介したドラッグ&ドロップの塗りつぶしでも同様の作業行えますが、ちょっとした描き残しがあっても確実に全体を塗りつぶせるためレイヤーの掃除の手間も省けます。

調整「カラー変更」で塗りつぶしを後から変更できる

調整の中にある「カラー変更」は塗り潰しにも使えて、さらに塗り潰した後の色もカラーパネルを見ながら変更できる優れもの。ドラッグして塗りつぶすのが苦手な人はこちらを活用しましょう。

中央付近に表示される十字のカーソルはドラッグして好きな場所に移動できます。またタップした場所にも移動できます。十字のカーソルは塗り潰しを指定していて、線で囲まれた範囲内を自動的に塗り潰します。画面下に表示されている「フラッド」のスライダーは「しきい値」を意味します。

カラーパネルを開いて色を変更するとその色にリアルタイムに塗り替えられます。何度も色を変更するときには、この方法を用いればきれいに塗り直しができて便利です。おすすめ。

カーソルを移動して複数の範囲を連続して塗りつぶしすることも可能です。

塗り潰しの上にさらに描きこむときにはマスクを活用するといいでしょう。

スポンサーリンク
iPad Creator