Procreateの塗り潰し(ColorDrop)とリファレンスレイヤーの使い方

Procreateの塗り潰し、バケツツールの使い方解説です。アプリ内では「ColorDrop(カラードロップ)」と呼ばれておりジェスチャー操作で使用できます。レイヤーの「基準」と組み合わせて使うことでパーツごとの塗り分けや編集が便利になります。
イラストを作るときにはよく使用する機能なので、ぜひチェックして見てください。

「ColorDrop」ドラッグして行う塗り潰しツール


「ColorDrop」基本的な使い方は右上のカラーアイコン上をドラッグ&ドロップするジェスチャーを使用します。
指を離した場所が塗りつぶしされます。

カラーを長押ししてしまうと「前の色に戻す」機能になり、塗り潰しできません。

 


線などで囲まれた範囲を隙間無く塗り潰したいときはドラッグしたまま、塗り潰したい箇所の上でホールド。少し待つと上部に「しきい値」が表示されるので、指を左右にスライドさせて範囲を調整できます。

「しきい値」は数値が大きいほど塗りつぶしの範囲が広がります。塗りつぶしたい範囲を超えてしまった場合は数値を下げるように(左方向へドラッグ)操作しましょう。

レイヤーの基準を使ってレイヤーごとに塗り分けを行う

ColorDropをさらに賢く使うには、線画レイヤーを「基準」に設定しょう。レイヤー操作パネルを開き、基準に指定したいレイヤーの上でタップ。オプションメニューが表示されたら、そこから「基準」を選びます。(基準の横にチェックが付く)

基準に指定したレイヤーの枠を塗り潰し範囲として使用しながら、別のレイヤーに塗り潰しが可能になります。基準レイヤーの上下どちらに配置したレイヤーに対しても効果があります。

 


基準レイヤーの構造を図で表すと↑上のようになります。

 

塗り潰しの上にさらに描きこむときには「マスクをクリップ」を活用するといいでしょう。

Procreateアプリの使い方・機能解説まとめ
Procreate(プロクリエイト)は高速な描画エンジンを使用したiPad定番のお絵かき・イラストアプリです。鉛筆や水彩などアナログ感のある画材を上手く再現しつつCGらしい高いカスタマイズ性も備えています。Photoshopのように自作...
スポンサーリンク
iPad Creator