iPad対応お絵かき・イラストアプリまとめ

iPadで使える代表的なイラストアプリ・お絵描きアプリを厳選して掲載しています。新たにiPad ProとApple Pencilでの動作と機能対応も加えました。
多彩な機能を持つアプリの特徴から自分にあったアプリを選んで、モバイルペイントお楽しみ下さい。

↓Apple Pencil対応アプリは以下の記事でまとめています。

Procreate

OpenGLを採用したiPad最速のペイントアプリ。手振れ補正機能はありません(今後のアップデートで追加予定)が、他のアプリに比べ精度が高いことが評価されています。120種類のブラシが用意されており、さらにブラシ形状やテクスチャ画像を好きなだけ登録可能です。
Photoshopに近いブラシカスタマイズが可能で厚塗りやスケッチに向いています。ジャスチャーを覚えれば素早く操作できるようになります。

キャンバスサイズ
iPad Pro 12,9インチで最大16,000×4,000px(最大サイズではレイヤー最大4枚)
iPad Pro 9.7インチで最大8,000×4,000px(最大サイズではレイヤー最大2枚)

レイヤー機能
17種類のブレンドモード、不透明度調整、アルファロック、レファレンスレイヤー、グループ化

Apple Pnecil対応
筆圧、傾き、ペンモード、指モード、筆圧曲線の調整

ショートカット・ジェスチャー機能
2本指タップ → 元に戻す
3本指タップ → やり直し
3本指下へスワイプ → コピー/ペースト
3本指Zを描く → レイヤーをクリア
2本指でキャンバスを回転
など多数のジェスチャーに対応

Quickline(直線ツール)
キーボードショートカット対応

ファイルの出力方法
出力:JPG/PNG/PDF/PRO/PSD形式
読み込み:JPG/PNG/PDF/PRO/PSD形式
ブラシとカラーパレットのファイル形式としてBRUSH/SWATCHES
動画ファイルの出力(MP4形式)

そのほかの機能
Color Drops(塗り潰し)、遠近法ガイド(追加購入)、描画の録画、スクリーンキャプチャ、動画配信、Quick Menu(キャンバス上にショートカットボタンを表示)、Split View対応

ibisPaint/ibisPaint X

ペンで主線を描いてきれいに塗りたい人におすすめのペイントアプリ。国産アプリなので日本語の解説が親切、動画付き(描く過程を記録)でコミュニティに投稿できます。iPhoneでも使えるユニバーサルアプリ。
広告は入るものの有料版と同等の機能が使える無料版もリリースされています。
後から変更できるスクリーントーン、描画補正、定規ツールなど人気のツールがたくさん用意されています。

キャンバスサイズ
iPad Proで最大4,096×4,096px(最大サイズではレイヤー最大3枚)
好きなサイズを指定して作成できる
後からサイズを変更できる

レイヤー機能
24種類のブレンドモード、不透明度調整、上下左右反転、参照レイヤー機能
クリッピング、不透明度ロック

Apple Pnecil対応
筆圧、筆圧の強弱調整機能

ショートカット・ジェスチャー機能
タップ&ホールドでスポイト
2本指でキャンバスを回転

ファイルの出力方法
出力:JPG/PNG/IPV/CLIP/MOV形式
読み込み:JPG/PNG/IPV/CLIP形式

そのほかの機能
手振れ補正、定規ツール(直線、円、楕円、集中線、線対称、万華鏡、回転対称、配列対称)、強制入り抜き、スクリーントーン、パース変形、メッシュ変形、漫画コマ割り、テキスト
CLIP形式のファイルはCLIP STUDIO PAINTに読み込める
MOVファイル形式で動画出力可能

メディバンペイント

ファイアアルパカから改名したPC向けイラスト作成アプリ「メディバンペイント」のタブレット版。アカウントでログインすればブラシをダウンロードできたり、作品データを共有できます。
漫画作成向けの機能があり、イラストだけでなく漫画制作にも使えます。
手振れ補正や混色がなめらかで線画、厚塗り両方の描き方に対応できるアプリだと思います。インターフェースがPC的なので、iOSアプリに慣れている人は戸惑うかもしれません。逆にPCアプリに慣れているなら親しみやすいはずです。

キャンバスサイズ
解像度(dpi)での指定や漫画原稿サイズが選べます。
キャンバスサイズは自由に指定できますが、大きすぎると動作に影響あり。

レイヤー機能
9種類のブレンドモード、不透明度調整、クリッピング、上下左右反転機能など

Apple Pnecil対応
筆圧、独自のパームリジェクション、筆圧感度調整、指モード

ショートカット・ジャスチャー機能
2本指タップ → 元に戻す
2本指でキャンバスを回転

ショートカットバーに好きな機能のボタンを追加
キーボードショートカット対応

ファイルの出力方法
出力:PSD/JPG/PNG/PNG(透過)/MDP形式
読み込み:JPG/PNG/MDP形式
ブラシやカラーパレットはオンラインで同期(アカウントでログイン必須)されます。

そのほかの機能
テキスト入力、手振れ補正、定規ツール、ブラシと素材のダウンロード、漫画コマ割り

Autodesk SketchBook

プロダクトデザインやストロークを生かしたイラスト作りに定評のあるアプリ。デスクトップ版から引き継がれている実用性の高いインターフェースを採用しています。Pro Toolsアドオン(600円)を購入すればすべての機能が使えます。デスクトップ版アプリで有料登録していれば、Autodeskアカウントでログインして有料版の機能が使えます。
ブラシはエアスプレーがきれい、インクブラシもなめらかな補正があって使いやすい。水彩などアナログ風のブラシは少ないです。

キャンバスサイズ
最大2,500px(最大サイズではレイヤー最大6枚)

レイヤー機能
17種類のブレンドモード、不透明度調整

Apple Pnecil対応
筆圧、傾き、ペンモード、タッチ操作キャンセルモード

ショートカット機能
キャンバス四隅のコーナーに設定可能

ファイルの出力方法
出力:psd/jpg/png形式
読み込み:psd/jpg/png形式

そのほかの機能
対称描画、塗り潰し(グラデーション)、ガイド、図形、描画の録画

Adobe Photoshop Sketch

Adobeが提供しているモバイルアプリ群の1つ。Photoshopブラシを読み込んで使用できるなど、デスクトップのPhotoshopとの連携を主眼に置かれたアプリです。
染み込むようににじみが広がる水彩ブラシが特に面白い。乾燥ボタンを押すことでにじみを止めることができます。鉛筆ブラシも滑らかで高速な描画でスケッチに向いています。ただし手ぶれ補正なし、ブラシの細かい調整もできないため好みはわかれるかもしれません。

キャンバスサイズ
A4やハガキサイズなどいくつかの形式のキャンバスサイズが選択できる
最大サイズは3507×2480px(A4選択時)
好きなキャンバスサイズを入力することはできない

レイヤー機能
ブレンドモード9種類(比較(暗)、乗算、比較(明)、スクリーン、オーバーレイ、ソフトライト、差異、輝度、カラー)、不透明度調整、変形

Apple Pnecil対応
筆圧、傾き

ショートカット・ジェスチャー機能
2本指左へスワイプ → 取り消し
2本指右へスワイプ → やり直し
3本指左へスワイプ → 履歴
スールバーのカラーチップからドラッグ → スポイト
など

ファイルの出力方法
出力:JPG/PNG/PSD(Adobe Creative Cloud保存時のみ)形式
読み込み:JPG/PNG/PSD(Adobe Creative Cloud保存時のみ)形式

そのほかの機能
キャンバスにグリッドと遠近パースを表示
さまざまな形の定規(シェイプ)が使える

Tayasui Sketches 2

アナログ画材を表現したブラシやツールが20種類。画像調整機能がなく扱えるレイヤーは4枚までと少ないため、画材の特徴を生かしたイラスト作りが得意なアプリ。
各ブラシはタップすると、画材の特徴を表したスタンプが描画されます。

キャンバスサイズ
2048×1536pxでサイズの選択はできない。
キャンバス作成時に背景の色とグレイン(テクスチャや罫線)を選択できます。

レイヤー機能
2種類のブレンドモード、不透明度調整

Apple Pnecil対応
筆圧、傾き、筆圧の最大最小調整、指モード

ショートカット機能
タップ&ホールドでスポイト

ファイルの出力方法
出力:jpg/png形式
読み込み:jpg/png形式
カメラロールへの保存時にレイヤーを別々にpng形式で保存できます。

そのほかの機能
テキスト入力、パターン、図形、描画を録画

Paintstorm Studio

PC版の機能とユーザーインターフェースをそのままiPadに移植した驚きの高機能ペイントアプリ。ウィンドウが小さく表示されるので、Apple Pencilでの操作を前提として購入するのがいいと思います。
作品ファイルはiTunesに保存されるため扱いにくい(プレビューが無い)のですが、描画ツールとして欲しい機能はほとんど揃っています。遠近に合わせて変化するブラシなど最先端のペイントツールを使いたい人におすすめです。

キャンバスサイズ
最大6,000×6,000pxでレイヤー上限はなし
iPad Pro 9.7では最大サイズのキャンバスは落ちやすい。
複数のファイルを同時に開ける。

レイヤー機能
26種類のブレンドモード、不透明度調整、レイヤーフォルダ、クリッピングマスクなど

Apple Pnecil対応
筆圧、傾き、筆圧曲線調整

ショートカット機能
Hot Buttonと呼ばれるボタンをキャンバス上に配置

ファイルの出力方法
出力:psd/jpg/png形式
読み込み:psd/jpg/png形式
ブラシを.pstbrushes形式で入出力。.abr形式も読み込めるが正確に反映されない。

そのほかの機能
対称描画、塗り潰し、グラデーション、ガイド、混色パレット、図形など

Infinite Painter

Androidで人気の高機能ペイントアプリがiPadにも移植。ほぼすべての機能が移植されていますが、一部のブラシ機能などが未実装。やや動作が重めですが、機能はデスクトップクラスでありながらインターフェースがシンプルで扱いやすい。

キャンバスサイズ
最大4,096×3,072px
キャンバスサイズが大きくなるとパフォーマンスが落ちる

レイヤー機能
最大キャンバスサイズで8枚まで(iPad Proでは12枚まで)
24種類のブレンドモード、不透明度調整、結合、レファレンスレイヤー機能など

Apple Pnecil対応
筆圧、傾き、パームリジェクション(少し不安定)

ショートカット機能
Apple Pencilと指の切り替え、タッチ長押しにそれぞれにジャスチャー割り当て可能

ファイルの出力方法
出力:psd/jpg/png形式
読み込み:jpg/png形式

そのほかの機能
対称描画、曲線パース、画像編集、塗り潰し、グラデーション、ガイド、図形ツールなど

ArtRage

デスクトップ版Artrage3をiPad向けにカスタマイズして移植した、絵具をシュミレートした異色のペイントアプリ。油彩ツールは立体感のある盛り上げができたり、水彩ツールでは染み込み具合を表現できます。
描画処理のため操作が重くなってしまうことが多いのですが、iPad3のCMでも使われた使って楽しいペイントアプリと言えます。

SketchClub

海外で人気のお絵描き&共有アプリ。作品の共有だけでなく、カスタムブラシもたくさん配布されています。キャンバスの下にショートカットボタンがあるなど独自の便利な機能あり。

ArtStudio for iPad

ss1

機能の多さでは横に並ぶものがないダントツの機能数を誇るペイントアプリ。画像編集機能や範囲選択ツールなどグラフィックエディターとして様々な用途に使えます。
簡易な描画補正もありシャープでなめらかな線が描ける。主線を生かしたイラスト作成にも向いている。メジャーな
Bluetoothスタイラスペンのサポートは終了。夏ごろにMacとiPadで新バージョンが出る予定です。

↓手書きメモアプリの紹介をしています。

スポンサーリンク

フォローする