メディバンペイント 9.0 アップデート | 新機能!漫画作りに活躍するハーフトーンレイヤーを追加

無料の高機能なお絵描きアプリ「メディバンペイント」の今回のアップデートは新機能「ハーフトーンレイヤー」の追加といくつかのツールの改善、および機能追加が含まれます。特に「ハーフトーンレイヤー」は漫画を描くときにめちゃめちゃ活躍する機能です。

記事では詳しく使い方を解説します。

漫画を描くときに大活躍のハーフトーンレイヤー追加

今回もアップデート後にアプリを起動すると新機能についての案内が表示されます。バージョン9.0ではハーフトーンレイヤーの追加が目玉です。

ハーフトーンレイヤー上に描いた線や塗りはすべてハーフトーンに変換されて、後から修正することもできます。

今回のアップデート内容

◯ハーフトーンレイヤーを追加

◯フィルタ改善

◯ガウスぼかしを改善

◯クリップしたレイヤーを移動した時の動作を改善

◯ローカル作品のクラウド移行を改善

◯アイテム素材の左右反転

ハーフトーンレイヤーの使用方法

ではハーフトーンレイヤーを実際に使用してみます。

まず右上にあるレイヤーボタンをタップしてレイヤーパネルを表示します。

そのあと、「+」ボタンをタップしてレイヤーを新規追加します。表示されるメニューから「ハーフトーンレイヤー」を選びましょう。

画面中央にハーフトーンの設定について確認表示が出ます。

ハーフトーンレイヤーの設定は後からでも変更できますので、ここではひとまず右上の「完了」をタップします。

追加したハーフトーンレイヤーには、サムネイルの右下にアイコンが表示されます。(8と表示されたアイコンの付いたレイヤーは8bitモノトーンモードを示します)

ハーフトーンレイヤーで描いた塗りはすべてハーフトーン化されます。

ブラシの不透明度や明暗に合わせてトーンも変化します。

レイヤーサムネイルの右側に表示されているインフォマークをタップすると、ハーフトーンの設定を変更できます。

レイヤーの詳細設定が表示されます。

(元のレイヤーサムネイル表示に戻るには上部に表示されている「レイヤー」をタップします)


次のページではハーフトーンレイヤーの詳細設定と、注意すべきポイントを解説します。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    良いソフトなんですけど、もう少し描画速度というか、処理が速ければな~と思います。

    • Necojita より:

      やはりiOS専用に開発されたアプリではないので、Procreateなどに比べるとちょっともたつくことはありますね…。