クラウドアルパカは名称変更して「Medibang Piant」へ。まずはAndroid版がリリースでiOS版も近日公開

ipadimage
本日Android版のクラウドアルパカこと「Medibang Piant(メディバンペイント タブレット)」がリリースされています。クラウドアルパカは今回のリリースに合わせて名称を変更。アプリはOS4.0以上のAndroid端末に無料でインストールできます。

タブレットでも快適に操作できるユーザーインターフェース

ipadimage
最近のアップデートで、タブレットやスマートフォン向けのリリースを見据えて、インターフェースの雰囲気が大きく変わっていました。
ボタン類が押しやすいようにやや大きめに、主要なツールは画面隅にまとまっていて必要に応じて開くことができます。

タブレットでは両手を使って素早くツールを切り替えることを想定しているのかもしれません。

デスクトップ版とほぼ同じペイントツールが使える

ipadimage
デスクトップ版と同じように、ペンや鉛筆、ぼかしや水彩ツールなどが使用できます。
ビットマップ画像を登録して好きなブラシ( スタンプのようなもの)が作れる機能もあります。

ipadimage
アプリは基本無料で使用できます。
専用のサーバーに保存したデータを使って、共同で制作するなど便利な機能があります。このクラウド機能を使うには「Medibang」への会員登録が必要です。

マンガ制作をチームで作りたい人にも、お絵描きしたい人にとってもありがたい無料アプリだと思います。

iOS版は夏リリース?

iOS版は夏リリースということになっていました(初めは春の予定でしたが…)。今回Android版がリリースされたことから、もしかしたらiOS版も7月には登場するかもしれませんね。

↓Android版は以下のページからダウンロードできます。

[Goodle Play]
メディバンペイントタブレット〜無料漫画イラスト・簡単お絵かき – Google Play の Android アプリ

[Amazon]
メディバンペイントタブレット〜無料漫画イラスト・簡単お絵かき

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク