Adobeがムンクの100年前の絵筆を再現!iPadアプリの「Photoshop Sketch」でダウンロードして巨匠の筆でスケッチしよう


「叫び」で有名な画家「エドヴァルド・ムンク」の本物の絵筆を、デジタルで再現するプロジェクトをAdobeが発表。Photoshopブラシの作家「[Kyle T. Webster」さんの協力で再現された高品質なブラシが今なら無料でダウンロードできます。
Photoshopを持っていない人でもiPadがあれば無料でムンクの筆を使ってスケッチ楽しめますよ。

100年前のムンクの本物のブラシをスキャン


ムンク美術館の協力のもと、実際にムンクが使用した絵筆を超高解像度360度カメラで撮影。そのデータを使って作成されているそうです。

アドビは本日、初企画となる革新的なプロジェクト「The Hidden Treasures of Creativity(クリエイティビティの秘宝)」を発表しました。これは、ノルウェー出身の画家エドヴァルド ムンクの100年以上前の絵筆をデジタルで再現し、新たな世代の絵画の巨匠たちにインスピレーションを与えるものです。アドビは、ノルウェーの首都オスロにあるのムンク美術館と、数々の受賞歴に輝くPhotoshopブラシ作家のカイル T ウェブスター(Kyle T. Webster)氏とのコラボにより、ムンクが実際に使用した絵筆7本をデジタルで複製し、Adobe Creative Cloudで全世界のAdobe PhotoshopとAdobe Photoshop Sketchユーザー向けに公開しました。


絵筆のデータをPhotoshopブラシに落とし込む際には、Kyle T.Websterさんが美術の専門家と協力しながら仕上げています。

それらのデータやスキャンをPhotoshopブラシに変換するプロセスは、Photoshopのカスタムブラシの第一人者との呼び声高いカイル T ウェブスター氏が担当しました。ウェブスター氏は、美術館の専門家たちと協力し、それぞれの絵筆の正確な形とパフォーマンス属性を記録しました

Photoshop SKetchをダウンロードしてAdobe IDでログイン


iOS版の「Adobe Photoshop Sketch」は最近のアップデートでPhotoshopブラシをそのままダウンロードして使える機能が追加されています。

まずはアプリをAppStoreからダウンロードしてAdobe IDでログインします。アプリは無料で使用できますが、Adobe IDでのログインは必須となります。

アカウントの作成も無料。
メールアドレスを登録するだけで行えます。

ブラウザでAdobeサイトにログインしてダウンロード


以下のページ内でもAdobe IDでログインして「Creative Cloudへ保存」を選択します。
データ内には7本の絵筆がセットで配布されています。

ブラシのダウンロードはこちらから。
https://adobe.ly/2qMzHSW

  • Filbert Dry Mixer
  • Round Ratty
  • Short Flat Blender
  • Filbert
  • Medium Flat
  • Short Flat
  • Short Flat Sparse

iPadの「Photoshop Sketch」アプリでブラシを読み込む


再び「Photoshop Sketch」を開いたら、キャンバスを開きブラシの下にあるブラシ追加「+」ボタンをタップします。

表示されるウィンドウの右上「追加」ボタンをタップして、「CCアセットから読み込み」を選択します。


Adobeのサイトでダウンロードしたブラシファイル「The Original Brushes of Edvard Munch」のフォルダが見つかります。この中にあるブラシファイルをタップします。


ブラシのインストールが開始されます。


ブラシのインストールが完了したところです。
リストから好きなブラシを1つ選択すれば使えるようになります。

新iPad Proブラシを使ってお絵かきしてみる


実際にダウンロードした「ムンク」ブラシを使ってお絵かきしてみました。ブラシは筆のかすれ具合やキャンバスの感じに味わいがあります。

iPad ProならSplit Viewを使って資料を見ながらお絵かきできますよ。

ぜひお試しください。

情報元:アドビ、ムンクの100年前の絵筆をよみがえらせる #HiddenTreasures #エドヴァルドムンク #PhotoshopSketch | Adobe Creative Station

スポンサーリンク