Tayasui Sketches 4.0 | 筆圧感知スタイラスペンに対応。Jot Touch 4でもなめらかな筆圧変化が楽しめる

tayasuis
水彩や鉛筆など多彩な画材を使ってスケッチができるアプリ「Tayasui Sketches」がバージョンアップしています。主要な3種類の筆圧感知スタイラスペンに対応。指とペンを使い分けるような機能も備わっています。

1
まずは画面左下にあるインフォマークをタップしてアプリの設定画面を開きます。

4
設定画面でリストから「Stylus」をタップして表示されるStylusー「Select One」をタップします。

5
対応しているスタイラスペンはIntuos Creative Stylus、Hex3 Jaja、Jot Touch 4の3種類のみです。
使用するスタイラスペンを選択すると接続されます。(iPadのBluetoothをONにしてスタイラスペンの電源ボタンを押しましょう。Jajaの場合はマイクの使用を許可しておく。)

6
スタイラスペンの接続ができたら、サイドボタン設定や筆圧での変化を調整するスライダーが表示されます。
Tayasui Sketchesでは指(筆圧ゼロのときに画面に触れたときの動作)での操作を消しゴムや描画に指定することができます。
Jot Touch 4ではパームリジェクション・描画位置の補正に対応していませんでした。

7
筆圧の変化はブラシのサイズによって違いが出るようです。小さいサイズでは筆圧の変化で太さが変化し、中と大サイズでは透明度のみが変化しています。
(※ブラシサイズの変更はアドオンの購入が必要)

8
実際にスタイラスペンを使用して描いてみた感じでは、Jot Touch 4でかなり気持ちよく描けました。Intuos Creative Stylusではアプリが落ちることがあり少々不安定のようです。

スケッチアプリの中ではレイヤーも使えてペイントアプリに近い機能が揃っているので、筆圧感知スタイラスペンとの相性も抜群です。すでにスタイラスペンを購入している方はぜひお試し下さい。

Tayasui Sketches (4.0)
カテゴリー:仕事効率化
価格:無料
開発:Tayasui.com
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク