Procreateで直線や円などの図形、グラデーションを描く方法

Procreateで図形やグラデーションを描く方法

Procreate」アプリではQuickShapeと呼ばれるジェスチャー操作を使って簡単に直線や円などの図形を描くことができます。またグラデーションは「調整」にある画像フィルターを応用すれば作成可能です。

QuickShape機能を使って直線や図形を描く

Procreateで図形やグラデーションを描く方法

QuickShape機能とはフリーハンドで描いた線を自動で図形や直線に変換してくれる機能です。Procreateの初期設定であれば線を引いてそのまま画面にペンをつけて少し待ちます。そうすると線が補正されます。

 

Procreateで図形やグラデーションを描く方法

直線や図形に変換されたあとは、上部に表示される青いボタンをタップするとさらに図形を変更したり、編集ポイントをドラッグして線を動かすことができます。

対応する図形の種類は以下のようになります。

  • 直線
  • 円弧
  • 四角形
  • ポリゴン

QuickSahpeを使いこなすためのテクニックも過去の記事で紹介しています。

ProcreateのQuickShape(オートシェイプ)で入り抜きをキレイに描くテクニック
Procerateバージョン4.2で追加された「QuickShape」は、ざっくり描いた線に近い図形を予測して変換する賢いオートシェイプ機能です。しかし標準ジェスチャーの「ドロー&ホールド」だけでは線をきれいに引くことができませ...

フィルターを利用してグラデーションを作る

グラデーションも「調整」のぼかしフィルターを利用して作成できます。

 

フィルターを利用してグラデーションを作る

ColorDrop(バケツツール)でキャンバス全体を塗り潰します。右上端にあるカラーアイコンをキャンバスの上までドラッグして指を離すと塗りつぶしできます。

 

フィルターを利用してグラデーションを作る

次に変形ツールに切り替えたら、適度な大きさになるようにドラッグします。ここでは大体半分くらいのサイズになるように変形しました。

 

フィルターを利用してグラデーションを作る

「調整」を選んでぼかし(ガウス)を使用します。
ぼかし効果を大きくすれば(キャンバス上で指を左右にスライドで調整できます)より滑らかなグラデーションになります。これでグラデーションの完成です。

グラデーションは「調整」のブラーを用いてもできますが「ぼかし」の方が滑らかに作れるようです。

以上、図形やグラデーションの作り方解説でした。

Procreateアプリの使い方・機能解説まとめ
Procreate(プロクリエイト)は高速な描画エンジンを使用したiPad定番のお絵かき・イラストアプリです。鉛筆や水彩などアナログ感のある画材を上手く再現しつつCGらしい高いカスタマイズ性も備えています。Photoshopのように自作...

コメント