iPadでお絵かき「Procreateで直線や図形を描く・グラデーションを作る方法」

ipadoekaki
ペイントアプリのProcreateには図形ツールがありませんが、いくつかのツールを応用して、代用することができます。
今回は直線、四角形、三角形、グラデーションの作り方をご紹介します。
Procreate公式フォーラムなどを参考にまとめてみました。

選択ツールを使用して直線を描く


まずはColor Drop(カラーアイコンからキャンバス上にドラッグ)で、キャンバス全体を塗りつぶします。


次に変形ツールに切り替えると、レイヤー全体を選択した状態になるので、そのままピンチインして四角形の図形にします。


枠に表示されているポイントの中から、中央をドラッグして「細長い四角形」に変形すれば完成です。

ブラシを使って手書き風の線も描ける


シャープな直線ではなく、鉛筆で描いたような手書き風の直線が欲しい時は、ブラシを利用して作ります。
大きく粗めのブラシでキャンバスの端から端まで描く → 変形ツールで細く調整すれば、ほぼ直線になります。

三角形を描く


直線を描く方法を利用して、三角形を描きます。
四角形の描き方は、直線を描く方法と同じなので省略。


四角形のポイントを1つタップ&長押しして、「歪み」変形モードにします。
そのままポイントを内側にドラッグすれば完成です。(ポイントは中央までしか移動できないことを利用しています)

図形の変形はマグネットモードを活用


図形を揃えて変形したいときには、マグネットツールをONにすると便利です。
変形するときに青い線でガイドが表示されて、ポイントをガイドに沿って動かせるようになります。

比率を変えずに拡大縮小したいときにも使えます。

フィルターを利用してグラデーションを作る


グラデーションも図形を利用して作成できます。


Color Dropでキャンバスを塗り潰し → 変形ツールに切り替えたら、適度な大きさになるようにドラッグする。


フィルターツールを選んで、ぼかし(ガウス)を使用します。
ぼかし効果を最大値(キャンバス上で指を左右にスライドで調整できます)まで調整すれば完成です。

まとめ

将来的には、図形ツールが追加されることもあり得ますが、それまでは上記の方法を使って機能を補えると思います。お試しください。

Procreate(2.2)
カテゴリ: エンターテインメント, 写真/ビデオ
価格 : ¥600
開発 : Savage Interactive Pty Ltd

参考:Procreate forums – Index

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク