【初心者におすすめ】Procreateの使い方がわかる公式解説動画が公開!ジェスチャーや基本操作を学ぼう

ペイントアプリ「Procreate」にはジェスチャーによる操作が頻繁に出てきます。その割にはアプリ内での解説があまりなされていません。便利な機能に気付いていない人も多いのではないでしょうか。そこで、今回は開発元であるSavage公式の解説動画をいくつかご紹介します。
動画はすべて英語ですので補足説明をつけています。Procreateを使い始めたばかりの人はぜひご覧ください。きっと便利な使い方が見つかると思います!

元に戻す・やり直す

まずは頻繁に使用する基本的なジェスチャーから。2本の指で画面をタップすると「元に戻す」、3本指でタップすると「やり直す」ことができます。
それぞれ画面をタッチしたままにしておくと、連続して元に戻す・やり直す作業を行えます。

またタッチ&ホールド(タッチ長押し)で画面の色を取得できます。

これらジェスチャーは便利すぎて、ほかのアプリでもつい使ってしまうことがあります…。

塗りつぶし(バケツ)ツール

アプリの使い初めにまずあれ?どこ?と思う塗り潰しツールのジェスチャーです。ボタンはないのですがちゃんと使用できます!
右上にあるカラーアイコンを画面上にドラッグします。塗り潰したい場所で指を離すと、その場所が塗り潰されます。指を離さずに少し待ってから、左右に動かすと塗り潰し範囲の調整(しきい値)が変更できます。

キャンバスの操作

キャンバスは2本の指のピンチイン・ピンチアウトで拡大縮小できます。Safariなどでできる操作と同じですね。知っておくと便利なのが、素早くピンチインするジェスチャーです。キャンバスの拡大縮小表示をリセットします。
さらに4本指でタップすると全画面表示になります。

コピー&ペースト

画面に画像をペーストしたり、コピーするためのボタンを呼び出すジェスチャーです。3本指で画面を下方向にスワイプ(軽く払うように動かす)します。
アクションメニューやQuickMenuからも選択できますが、このジェスチャーから選択するのが1番簡単だと思います。

手振れ補正を調整する

ストロークのブレを補正するための設定方法の解説です。
ブラシの設定ウィンドウを開き、「ストロークのプロパティ」→「ストリームライン」の項目で調整できます。描き終わりに線がくねっと補正される感じが好きでない人はこの数値を小さくする、もしくは「なし」にする(1番左端まで動かす)といいでしょう。

レイヤーをクリア

レイヤー内の描画をクリア(削除)するジェスチャーです。画面上で3本指でZを描くように動かします。ぐしゃぐしゃっとする感じで動かせばある程度ずれていても動作します。

以上です。今後も動画が追加されれば捕捉説明していきます。

▼アプリの解説記事をまとめています。

スポンサーリンク