アイビスペイント(ibisPaint)の使い方解説 | 「球レンズ」フィルターで作るガラスの林檎イラスト

幅広いユーザーに人気のお絵かきアプリ「アイビスペイント(ibisPaint)」の描き方を詳しく解説していきます。
今回は「球レンズ」を使って簡単なガラスの林檎の造り方をご紹介します。
イラストのアクセントや写真の素材としてお楽しみください!

↓アプリのダウンロードはこちらからどうぞ。
広告のある無料版とすべての機能が初めから使える有料版があります。

「球レンズ」フィルターの使い方

ここでは背景素材として「夕焼け02」を使用します。右上の素材ボタンから選択してキャンバスに追加します。

FXと表示されたアイコン「フィルター」から「球レンズ」を選択。

画面の中央に球が合成されます。
中央の位置を調整して、以下のような設定にしてください。

  • 屈折率 → 1.15以上
  • 反射強度 → 1000%

球を選択ツールできれいに切り抜く

作成した球を選択ツールを使って切り抜きます。
まずは右上の定規ボタンから「円形定規」を選択します。

球の大きさに合うように、中央の位置とサイズを調整するポイントを動かして調整します。

次にレイヤーを「選択レイヤー」に切り替えます。

定規に沿って適当なペンで円を描きます。
ここでは「ペン(ハード)」太さ20.0pxを使用しました。

円形の外側を塗りつぶします。
バケツのアイコンの「塗りつぶし」ツールを選んで、設定ウィンドウ内の項目を以下のように設定してください。

  • 簡易設定 → OFF
  • 参照レイヤー → 作業レイヤー

円の外側をタッチするとこのように塗りつぶしできました。

最後に選択ボタンから「切り取り」を選択して、「選択解除」を行えば切り抜き作業は終了です!
きれいに球が切り抜けました。

(もし切り抜き作業が難しい場合は、消しゴムツールで余白を削り取ってしまってもOKです。)

↓つぎのページではいよいよ球を加工して林檎を作ります。

スポンサーリンク