iOS12で変わったiPadの使い方や新機能まとめ

遂にiOS12がリリースされました。早速メイン端末の10.5インチiPad Proにインストールしてみると、動作が軽快で近年感じたことのないアップデートしたら高速化されるという体験ができました。
一部ジャスチャーが変わったところはやや戸惑うことがありましたが、慣れれば問題ないと思える範囲でした。
今回はiPadでの変更点などを中心にiOS12についてまとめました。

動作が軽快になる近年で最高のアップデート

最近のiOSアップデートは目新しい機能は揃っていても、リリース初期の不具合の多さや基本的な操作の快適さが失われていたようです。Appleもそのことを自覚してか、iOS12では幅広い端末を対象にアプリの起動や切り替えアニメーションなどが高速化されています。

以下公式ページからの抜粋です。

  • iPad Airのような旧モデルでもパフォーマンスを向上できる
  • システムのアニメーションが一段とスムーズに
  • アプリケーションの起動が最大40%速く
  • キーボードの表示が最大50%速く、入力の反応速度もUP
  • スワイプでのカメラ起動が最大70%速く
  • 負荷時の共有シートの表示が最大2倍速く

 

全体的によく使われている機能の動作を可能な限りスピードアップするチューニングがなされたようです。実際に手元の10.5インチiPad ProとiPad Airの両方にインストールして試してみたところ、最新機種のiPad Proではキビキビと動作し、iPad Airでももっさり感が随分改善されました。

個人的にはSmart Keyboardで日本語を入力中に変換が固まる不具合が直っているだけでも満足です。修正されるまで長かった…。

「Workflow」アプリは「ショートカット」へアップデート

長くお世話になったオートメーションアプリ「Workflow」は、Apple公式アプリ「ショートカット」へと進化しました。しかしながら名称やインターフェースのデザインが少し改良されただけで大きな機能変更は無いようです。ほぼSiri対応の機能を追加しただけと言ってよいほど今まで通り使えています。

もう少しシステムと連携した新機能があるかと期待していたので、その点ではがっかりしましたが今まで通りの機能が使えることにひと安心です。

 

時間と日付の表示が左端に移動

iPadでもiPhone Xと同様にステータスバーの日付や時刻の表示が左端に移動されました。日付は曜日まで表示されおり親切な表示方式です。 次期ベゼルレスiPad Proに備えての変更だと噂されていますが、コントロールセンターのジェスチャーと同様にiPhone Xに合わせただけという理由かもしれません。こればかりは後になって振り返ってみないとわかりませんね。

 

日付・時刻の表示は設定アプリで変更できます。個人的にはデフォルト設定では時刻が左端に寄りすぎている感じがしたので「ステータスバーに午前/午後を表示」をONにしました。

コントロールセンターは画面右上から下へスワイプ

よく使うジェスチャーの変更で大きかったのが、コントロールセンターの起動が画面右上から下へのスワイプになったこと。今までは画面下から上へのスワイプで表示されるマルチタスクの端にあったものが分けられた形になります。
後発のiPhone Xでのジェスチャーに合わせるためにも必要なことだったのでしょうね。

ただしこのジェスチャーはペイント系アプリを使う時は、2回スワイプしないと起動しない場合があるようです。例えば「Procreate」や「Paper — FiftyThree」では1回スワイプしただけでは表示されず、2回目の入力で表示されます。
これは描画画面でのミスを防ぐためあえてこのような仕様になっているようで、ギャラリーなどの画面では1回のジェスチャーで問題なく表示されました。
このような仕様はアプリにとって違うため、今後統一されていくのか気になります。

SafariのタブにWebページのアイコンを表示

Safariで表示しているWebページのアイコン(ファビコン)がタブに表示されるようになります。設定アプリでSafariの項目の「タブにアイコンを表示」をONにすれば表示されるようになります。
複数のタブが並んだときの視認性が向上したように思います。

マークアップツールに太さや不透明度の変更設定が追加

Apple Pencilを使ってマークアップするときに使えるペン・マーカー・鉛筆ツールに太さや不透明度の設定が加わりました。使用できる色も5つだけだったものが各色のグラデーションからも選択できるようになっています。
残念ながら「メモ」アプリ内で追加するスケッチにはこの機能追加はないみたいです。

まとめ:インストールするだけでiPadやiPhoneが快適に

iOS12をインストールしてみて、iOS11までのアップデートに比べて目新しい機能はないのですが本当に気持ちよく使えるようになりました。特にiPadで作業するときはアプリの切り替えが多いので、動作が軽快になった恩恵を強く感じます。

iPhone XのFace IDも高速化・精度UPされているような気がしますので、新型iPhoneにもかなり期待できそうですよね。

もちろん私は10月に出るかもしれない新型iPad Proに期待しています。iOS12があれば間違いなく快適に使えそうです。

↓iOS11から追加されているiPad独自の新機能を解説しています。

iPad版「iOS11」解説 | Dockをカスタマイズする方法とSplit Viewの使い方
正式にリリースされたiOS11のiPad向けの機能を解説していきます。まずは「Dock」と「マルチタスク」です。画面下からスワイプすれば、まるでMacのDockのように素早くアプリを呼びだせます。Split Viewを使って複数のアプリ...
起動できないアプリをiOS11の新機能を使って安全に削除する方法
iOS11から新しく追加された「アプリのみを削除する方法」を紹介します。アプリのデータを残したままアプリのみを削除できるため安全です。今まで試す機会がなかったのですが、アップデートに失敗したアプリが出たので早速試してみました。
Apple Japanより「iPadでマークアップを使ってスクリーンショットを編集する方法」の動画が公開
Apple JapanからiPadの基礎的な使い方を解説する動画がまた1本公開されています。今回は「iPadでマークアップを使ってスクリーンショットを編集する方法」です。iOS標準の機能だけで見事なマークアップが完成します。Apple...

iOS 12 – 特長 – Apple(日本)

iPadの使い方
スポンサーリンク
iPad Creator

コメント

  1. イエローオスシ より:

    自分もアップデートしたいのですが、Procreateの挙動に問題が無いか不安です。特に問題は無さそうでしょうか?

    • Necojita より:

      私の環境では目立った不具合は見当たりませんね。
      長時間使い込んでみて気付くこともますが、公式フォーラムでも特にまだ不具合報告は見られません。