iPad版「iOS11」解説 | Dockをカスタマイズする方法とSplit Viewの使い方


正式にリリースされたiOS11のiPad向けの機能を解説していきます。まずは「Dock」と「マルチタスク」です。画面下からスワイプすれば、まるでMacのDockのように素早くアプリを呼びだせます。
Split Viewを使って複数のアプリを自由自在に使いこなしましょう!

はじめにDockにアプリを追加しよう


Dockにアプリを追加するには、ホームに並んだアプリをドラッグして移動させます。Dockの上で指を離すとその場所にアプリが追加されます。
Dockに追加できるのは、アプリだけでなくフォルダでも追加可能です。

また取り除く時は、逆にDockからホームへアプリをドラッグします。

Dockに複数のアプリをまとめて保存しよう

アプリをタッチしてしばらく待つ。
左上に「×」マークが出てプルプル震えたらアプリをドラッグ。
アプリを押さえたままで、別の指で他のアプリをタッチ。
まとまったアプリをそのままDockにドラッグして指を離す。

最後にホームボタンを押して(もしくはマルチタスクを起動)決定。

Dockに保存できるアプリの最大数


Dockに追加できるアプリの数はiPadモデルごとに決まっており、登録したアプリの数が増えるほど縮小して表示されます。
以下iPadモデルごとのアプリの最大登録数です。(※iPad Creator調べ)

iPadモデルDockに表示できる最大アプリ数
12.9インチiPad Pro15個 + 最近の3個
10.5インチiPad Pro13個 + 最近の3個
9.7インチiPad Pro13個 + 最近の3個
iPad Air〜iPad513個 + 最近の3個
iPad mini11個 + 最近の3個

最近使用したアプリを非表示にする


「最近使用したアプリ」は、設定アプリの「一般」→「マルチタスクとDock」内の「おすすめApp/最近使用したAppを表示」でOFFにできます。

ただしこの方法で右端3個の「最近使用したアプリ」が表示されなくなってもDockに保存できるアプリの最大数は変化しません。


また最近使用したアプリの表示をOFFにしていても、Handoff機能を使っている場合はそのアイコンが右端に表示されます。

DockからSplit Viewでアプリを起動する


DockからSplit Viewでアプリを起動したいときには、右端か左端にドラッグします。画面が分割されて、2つのアプリが使用できるようになります。

DockからSlide Overでアプリを起動する


Split Viewで起動したアプリを「Slide Over」にするには、上部にあるグレーのバーを下にスワイプ(軽く引っ張る)します。


またSplit ViewしたままSlide Overで別のアプリを起動したいときには、Split Viewの分割線の上にアプリをドラッグして指を離します。

スポンサーリンク