【決定版】iPadでZIPファイルを解凍する1番簡単な方法 (無料アプリ使用)

仕事などでiPadを使っているとZIPファイルの解凍が必要なときが多いですよね。今回はiPadで1番簡単で無料アプリで行えるファイルの解凍方法をご紹介します。
定番のファイル管理アプリ「Documents by Readdle」なら解凍したときの日本語文字化けもありません。iOS11でFilesを使うよりも不具合なく解凍できます。

Documentsを使えば無料ですぐに解凍できる

AppStoreには解凍アプリが色々ありますがZIPファイルなら「Documents」で充分。ファイルの解凍はZIPとRARに対応します。以下のリンクからアプリをダウンロードしてください。

ブラウザからZIPファイルをダウンロードした場合の使用方法

SafariブラウザでネットからZIPファイルをダウンロードした場合の解説です。画像のようにファイル名の下に選択肢が2つ表示されています。

  • “Documents”で開く
  • その他…

「Documentsで開く」が出ている場合、それをタップします。そうでない場合は「その他…」をタップしましょう。

「その他…」を選んだ場合は、開いたウィンドウの上の段のアプリから「Documentsにコピー」をタップします。タップするとZIPファイルが「Documents」に読み込まれます。

「Documents」でZIPファイルを開いたら、あとはファイル名をタップするだけでOKです。自動的に解凍されます。

無事にZIPファイルが解凍されてフォルダが作成されました。あとは右端にあるメニューアイコン(点が3つ並んだもの)をタップして使用したいアプリなどに読み込んでご利用ください。

Documentsアプリおすすめの設定

アプリの設定(左上歯車のアイコン)でファイルマネージャの設定が行えます。ファイル拡張子を表示、ダウンロード先を決めておくと便利です。

何かと便利に使える「Documents」をぜひお試しください。

▼以下の記事でもアプリの活用法を掲載しています。

▼「Documents」の使い方をいろいろ解説

スポンサーリンク