【決定版】iPadでZIPファイルを解凍する1番簡単な方法 (無料アプリ使用)

仕事などでiPadを使っているとZIPファイルの解凍が必要なときが多いですよね。今回はiPadで1番簡単で無料アプリで行えるファイルの解凍方法をご紹介します。
定番のファイル管理アプリ「Documents by Readdle」なら解凍したときの日本語文字化けもありません。iOSのファイルアプリを使うよりも不具合なく解凍できます。

Documentsを使えば無料ですぐに解凍できる

AppStoreには解凍専用アプリが色々ありますが、いまいち安定したものがなく信用度も低いものが多いです。もしZIPファイルを解凍するなら「Documents」で充分です。ファイルの解凍はZIPとRARに対応します。

ブラウザからZIPファイルをダウンロードした場合の使用方法

SafariブラウザでネットからZIPファイルをダウンロードした場合の解説です。画像のようにファイル名の下に選択肢が2つ表示されています。

  • “Documents”で開く
  • その他…

「Documentsで開く」が出ている場合、それをタップします。そうでない場合は「その他…」をタップしましょう。

 

「その他…」を選んだ場合は、開いたウィンドウの上の段のアプリから「Documentsにコピー」をタップします。タップするとZIPファイルが「Documents」に読み込まれます。

ファイル名をタップするだけで自動的に解凍!

「Documents」でZIPファイルを開いたら、あとはファイル名をタップするだけでOKです。自動的に解凍されます。

 

無事にZIPファイルが解凍されてフォルダが作成されました。あとは右端にあるメニューアイコン(点が3つ並んだもの)をタップして使用したいアプリなどに読み込んでご利用ください。

Documentsアプリおすすめの設定

アプリの設定(左上歯車のアイコン)でファイルマネージャの設定が行えます。ファイル拡張子を表示、ダウンロード先を決めておくと便利です。

 

何かと便利に使える「Documents」をぜひお試しください。

↓以下の記事でもアプリの活用法を掲載しています。

パソコンからiPadにPDFファイルを保存する1番簡単な方法
パソコンからiPadへ、PDFなどのファイルを保存したいときありませんか?クラウドサービスを使って同期する方法はたくさんありますが、もっと簡単な方法もあります。ここでは無料アプリ1つで手軽にiPadにファイルを保存する方法を詳しく解説し...

↓「Documents」の使い方をいろいろ解説

iPadのファイル管理アプリは「Documents 5」を入れておけば間違いない
iOS向けのファイル管理アプリ「Documents 5」は、iPadに不足しているファイル管理の機能を補ってくれる優れたアプリです。無料でダウンロードできて、多くのクラウドサービスにも対応します。動画やPDFのプレビュー機能や、メー...
iPadの使い方
スポンサーリンク
iPad Creator

コメント