Adobeがイラスト制作アプリをアップデート。待望のレイヤー追加やブラシの詳細なカスタマイズが可能に

Adobe Photoshop SketchAdobe Illustrator DrawなどのAdobe製ペイントアプリが本日メジャーアップデート。レイヤーやブラシのカスタマイズ機能などが追加されています。
Apple Pencilへの対応以来初めての大型アップデートで、レイヤーの追加によって今までできなかった作品作りが可能になります。
iPhoneでは3D Touch対応で筆圧を生かした描画が楽しめます。

ブラシ設定はプレミア機能で期間限定で使用できる


追加された主な新機能としてはレイヤーの追加、ブラシの詳細設定があります。
ブラシ詳細設定の機能は期間限定で使用可能で、将来はプレミア機能としておそらく有料ユーザー向けに提供されるようです。

Adobe Photoshop Sketchの新機能

レイヤーのサポート
Sketch はレイヤーをサポートします。複数の描画レイヤーまたは画像レイヤーを追加できます。レイヤーアイコンをタップしてレイヤーパネルを表示してください。レイヤーを名前変更、再利用、変換、結合して、独自のエフェクトを自由に作成してください。

ブラシ設定の拡張
各ブラシの筆圧や速度に対する対応など、個々の設定をコントロールします。さらに、Capture CC との統合により、カスタムブラシを無限に作成できます。

LINEに共有
作成したアートワークをワンタップでLINEへ共有できます

ブラシの更新
リアルなツールを正確にシミュレートする太いアクリルブラシ、インクブラシ、ソフトパステルブラシが新たに追加されました。*

プロジェクトの複製 & 描画の移動
編集モードを使用してプロジェクトを複製したり、プロジェクト間で描画を移動したりできます。

3D TOUCH 用に最適化
クイックアクションショートカットをご利用ください。例えば、アプリを長押しして最後に使用した描画を開くことができます。指を感圧式スタイラスのように使って細かくコントロールできます。

Sketch の使用にご満足いただけたら、レビューにてご評価いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
*iPad mini 2、3、4、iPad Air、iPad Air 2、iPad Pro のみ。

変形や不透明度調整などを備えたレイヤー機能


新しく追加されたレイヤー機能には、画像を下絵としてイラストを作成するなど実用的な使い方ができるよう考えられています。

レイヤーサムネイルをタップすると、不透明度調整・変形・複製・下のレイヤーと結合・削除などの編集メニューが表示されます。

レイヤーの上下の移動は指でドラッグして行います。


変形機能を適用すると、キャンバス上で描画を好きな位置に移動させたり、拡大縮小・回転ができます。
画面下には左右上下反転機能も備わっています。

ブラシはApple Pencilの筆圧に合わせた調整が可能に


こちらはAdobe Illustarator Drawです。ブラシ設定では入りと抜きの設定や描く速度でのサイズ変更など、思い通りに調整できます。パネル上部のストロークプレビュー欄で試し書きしながら調整できるなど工夫されています。

Adobe DrawとAdobe Sketchの2種類をApple Pencilで使用してみたところでは、Adobe Sketchはやや補正が強く描画速度が遅い感じです。Adobe Drawはブラシ設定でかなり使いやすくなりますし、レイヤー機能のおかげで凝ったイラスト作りができそうです。

どちらのアプリも無料(Adobe IDでのログインは必要)にもかかわらず、かなり機能が充実してきました。今後プレミア機能がどの程度の価格で提供されるのか、追加機能があるのかなどの展開が気になりますね。

Adobe Photoshop Sketch (3.4)
カテゴリ:仕事効率化
販売元:Adobe
価格:無料 (2016/06/01)


Adobe Illustrator Draw (3.3)
カテゴリ:仕事効率化
販売元:Adobe
価格:無料 (2016/06/01)


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク