Procreate 3.2アップデート | レイヤーのグループ化や動画配信、PSDファイルのインポートなど新機能を詳しく解説(前編)


本日の公開の「Procreate」最新版、バージョン3.2のアップデートの内容を詳しく解説していきます。レイヤー管理機能の刷新やお絵かき配信など、アプリの使い方が大きく変わるような強力な機能が用意されています。
PSDファイルのインポート機能も待ち望んでいた方は多いのではないでしょうか。

※バージョン3.2のアップデートにはiOS10以降が必要です。

新デザインで使いやすく便利になったレイヤー機能


レイヤーの機能強化に合わせて、レイヤーウィンドウのデザインや操作方法が刷新。新旧のデザインを比べてみるとわかりますが、ウィンドウ幅が横に広くなり表示/非表示ボタンはチェックボックスに変更、ブレンドモード表示はその横に配置されています。

「ブレンドモード」編集画面に不透明度スライダー追加


チェックボックスの隣にある「N」のアイコンをタップするとブレンドモードを変更できます。
ブレンドモードの変更画面には、新しく不透明度の調整スライダーを追加。今まで不透明度の調整方法が見つけられないユーザーもいたので、いい改善作だと思います。

もう一度アイコンをタップすると編集画面は折り畳まれて閉じることができます。

レイヤー「オプションメニュー」の変更点


レイヤーをタップして表示されるオプションメニューもいくつか変更点があります。

「リファレンス」と表示されていた機能は、日本語化されて「基準」と変更されています。アップデート前は2本の指で左から右へスワイプするジェスチャーで実行できましたが、このバージョンから廃止。今後はレイヤーのオプションメニューから選択しましょう。
そのほか「選択」や「コピー」が追加されています。

覚えておきたいレイヤー操作のための新ジェスチャー


バージョン3.2からレイヤーのジェスチャー操作は以下のようになります。旧バージョンから継続して使えるものと、新しい機能が割り振られているものがあり、結構ややこしいのでぜひ確認してみてくださいね。

  • レイヤーを選択 → 左から右へスワイプ
  • レイヤーのロック/複製/削除 → 右から左へスワイプ
  • 不透明度の調整 → 2本指でタップ
  • レイヤーのグループ化 → ドラッグして重ねる
  • アルファロック → 2本指で左から右へスワイプ
  • レイヤーの内容を選択 → 2本指でタップ長押し

レイヤーのロック機能も今回追加された新機能です。

レイヤーのグループ化と編集機能


レイヤーをグループ化するには2種類の方法があります。まずジェスチャーで行う方法は、レイヤーをドラッグして「重ねたまま待つ」と青い枠が出ます。そこで指を離すとグループ化されます。


もう一つの方法は、左から右へスワイプしてレイヤーを複数選択、その後に右上に表示されるアイコンをタップします。
いずれの方法もグループ同士を統合するときにも活用できます。


グループ化された複数のレイヤーを結合したいときは、タップして表示されるメニューの「フラット化」を選択します。

グループ化したレイヤー/複数のレイヤーを編集する


グループ化することのメリットは、複数のレイヤーに分けて描いたものをまとめて編集できるところです。例えばキャラクターの上のレイヤーに描いた服や飾りも、グループ化しておけば一緒に移動させたり変形できます。

レイヤーグループ/複数のレイヤーに行える編集

  • 変形ツール(回転や拡大縮小、変形)
  • ロック・複製・削除

残念ながら画像フィルターや不透明度の調整などには対応しません。

Twitterなどで簡単にお絵かき配信できる機能が追加


今回のアップデートのもう一つの目玉はライブブロードキャスト(動画配信)機能です。アプリの画面をPeriscopeなどのサービスを使って手軽に配信できます。現時点で対応している配信サービスはTwitterと連携できる「Periscope」、「Mobcrush」「Shou」の3種類です。

※iPad4では動画配信には対応しません。

ライブブロードキャストを開始する


動画配信をするにはアクションメニューの中の「ビデオ」タブを選択、さらに「ブロードキャストを開始」をタップします。


カウントダウン後に動画配信がスタートすると、上部のツールバーにカメラのアイコンが表示されます。タップしてフロントカメラとマイクのオンオフ、「ストリーミングを停止」することができます。

試しにPeriscopeで配信してみると、動作は軽く操作には問題なかったのですが、配信されている動画自体はかなり不安定でした。MobcrushやShouの方が配信自体は安定しているのですが、できればTwitter連携できるPeriscopeを使いたいところです。

今後何度か試してみてよい方法があればまたご紹介します。
(インカメラやマイクを使うときは、プライバシーに関わるものが含まれないようご注意くださいね。)

追記:
Peroscopeは受信側の接続が不安定になりがちです。唯一、公式のTwitterアプリが安定して見れるようです。MobcrushやShouは多少の遅延はありますが安定して視聴できました。コミュニティ自体がゲーム実況向けなのでちょっと場違いな感じはありますが。
また動画配信には、iOSのReplayKitを利用しているので、これに対応したアプリが出ればYoutube Liveなど他のサービスへの対応も増えていくようです。

今回の解説記事は以上です。
他の新機能については、後編の記事で解説予定です。
お楽しみに。

↓後編の記事を掲載しました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 秋山かずみ より:

    やっふう〜〜!PSD読み込み!早速やる〜!“アートワークを読み込むことができません。このアートワークはこのデバイスの制限を超えています。” T.T

    • Necojita より:

      読み込み失敗しましたか。
      日本語も文字化けあるみたいなので、まだ完璧ではないようですね。

  2. 匿名 より:

    こんにちは。質問なんですがグループ化したレイヤーをあとでそのグループから外すことはできますか?

    • Necojita より:

      こんにちは。

      グループ化したレイヤーは、それぞれドラッグしてグループの外に出すことができます。
      グループ内のレイヤーを複数まとめて外す方法は無いようです。