Procreate 2.2 | 次世代パームリジェクション搭載のiPadペイントアプリの最新アップデートを徹底解説 [前編]

IMG_0481.PNG
新しいスタイラスペン対応や、iPad Air2対応のアップデートが待たれていたProcreate 2.2がようやくリリースされました。今回のアップデートは不具合の対応だけではなく、パームリジェクションなど新しい機能も加えたメジャーアップデートと言える内容になっています。
個人的にはiPad Air2で快適に動作するようになったことが1番嬉しいです。

誤動作ゼロを目指す最新型パームリジェクション

IMG_0485.JPG
今回のアップデートの目玉は何と言っても「パームリジェクション」です。スタイラスペンを使用時に手のひらを置いても誤動作しない機能です。

この機能は過去のペイントアプリに採用されていたものより大幅に精度が向上。スタイラスペンのペン先と手のひらをタッチ面積のサイズで区別しています。
少しくらい手の向きを変えても誤動作しない実用性の高い機能です。

IMG_0491.JPG
試しにスタイラスペンを使ってスケッチしてみましたが、手のひらを置いた後に誤動作でできる線描は全く出ませんでした。
では完璧かというとそうでもないようで、たまに描いた線がキャンセルされたり線が表示されないことがありました。しかしストレスとなるようなものではなく、手のひらを置いて描ける便利さの方が圧倒的に勝っていると思います。

意識しなくても自然に使える非常に高機能なパームリジェクションであり、現状ではiPadアプリの中でもここまでのものは他にないはず。
手のひらを画面に置いているとスタイラスペンの感度も向上するのでいいことずくめです。

開発しているSavageさんには、よくぞここまで作り込んでくれた!と感謝したいですね。いよいよ誤動作防止のための手袋とサヨナラできるのではないでしょうか。

IMG_0486.JPG
パームリジェクションが動作しないときの解決方法
パームリジェクションが機能しないときや、動きがおかしいと感じたら以下を参照してみてください。

解決方法(1)
iPadの[マルチタスク用ジェスチャ]が動作しているとパームリジェクションが機能しません。iPadの設定アプリから[マルチタスク用ジェスチャ]のスイッチをオフにしてください。

解決方法(2)
現時点ではBluetoothスタイラスペン使用時にパームリジェクションを使用できません。過去にスタイラスペンを接続している場合、自動的に接続されていることがあるため[デバイス]でスタイラスペンを解除しておきましょう。

解決方法(3)
ProcreateのパームリジェクションはiOS8で提供されるタッチ面積を取得する機能を利用したものです。よってiOS7以前のOSでは動作しません。
最新のOSにアップデートしてから試してみてください。

解決方法(4)
初期状態ではパームリジェクションはオンになっていますが、オフになっていないか確認しましょう。
iPadの設定アプリ内のProcreateの項目に[Palm Support Fine Mode]があります。これをオフにしているとパームリジェクションは動作しません。

訂正:
iPadの設定アプリ内のProcreateの項目に[Palm Support Fine Mode]があります。
これをオフにするとパームリジェクションで手のひらとして認識するタッチ面積が狭くなります。キャンバスを拡大縮小するときのピンチイン/アウトジェスチャーの反応が鈍いときは、これをオフにすると一定の効果があります。

※現時点ではパームリジェクションをOFFにする方法は提供されていません。

iPad Air2では最大レイヤー数が倍増に

IMG_0489.JPG
iPad Air2では描画パフォーマンスの改善と要望の多かった最大レイヤー数の増加が行われています。
iPadのRetina画面サイズである2048×1536ピクセルのキャンバスなら、iPad4では28枚までですがiPad Air2では最大60枚まで扱えるようになりました。

さらに全てのiPadモデルで最大キャンバスサイズが4096×4096ピクセルまで選択可能になっています。

IMG_0493.JPG
線がカクカクと描かれてしまう不具合も完璧に改善され、Procreateの良さを改めて実感できるなめらかで繊細な描画が楽しめます。

IMG_0495.PNG
開発元のブログでは各iPadごとのProcerateのベンチマークが公開されています。これを見るとiPad Air2が圧倒的に高性能であることがわかります。
大きいサイズのキャンバスでレイヤー数もたくさん使用するなら、やはりiPad Air2が1番ということになるでしょう。

Bluetoothスタイラスペンの最新SDKに更新

IMG_0497.JPG
Intuos Creative Stylus2とBamboo Stylus finelineについては最新のSDKを使用しているものの、まだProcreateには最適化されていないようです。
そのため今回はひとまずサポート外として(サポートされていないスタイラスと表示される)使用できます。筆圧やショートカットメニューは動作していますが、描画補正など完璧とは言えない状況です。

注意しておきたいのは、Bluetoothスタイラスペンを使用中はProcreateのパームリジェクションは使えないということ。 Bluetoothスタイラスペンはペン先の筆圧も含めたパームリジェクションを提供するため共存はできないということなのかもしれません。
またパームリジェクションは Intuos Creative Stylus2やJot Touch PPを使用中は利用できないようです。アクティブ方式のペンではタッチ面積が安定しないせいでパームリジェクションが不安定になるのかもしれません。
Jot Touch 4・ Intuos Creative Stylus・Pogo Connect・Pencil・Hex3 Jajaなどではパームリジェクションと併用可能でした。

IMG_0496.JPG
サイドボタンにショートカットメニューを設定できるBluetoothスタイラスペンには、新しくスポイトツールの設定ができるようになりました。
[Eyedropper]をボタンに設定していれば、ボタンを1回押すとスポイトツールが起動。ドラッグして離すとその場所の色を取得します。

小さいけれど大切な変更点

IMG_0500.JPG
ユーザーインターフェースでも小さなところでいくつか改良が加えられています。ひとつはレイヤー操作で結合メニューの表示。
前のバージョンではジェスチャー操作でしか結合操作はできず、下のレイヤーと結合するときなどは操作し辛い状況でした。そこで新しく[下へ結合]メニューが追加されて快適に操作できるようになりました。

IMG_0501.JPG
日本語訳が不足していた箇所もきっちり修正されています。
全体的にユーザーフレンドリーな変更が加えられているのではないかと思います。

以上でProcreate 2.2の解説記事【前半】は終了です。
後半ではProcreate Pocketとの連携やiCloud対応機能について、記事にする予定です。

Procreate 2.2 | 次世代パームリジェクション搭載のiPadペイントアプリの最新アップデートを徹底解説 [後編] | iPad Creator

Procreate(2.2)
カテゴリ: エンターテインメント, 写真/ビデオ
価格:  ¥600
開発: Savage Interactive Pty Ltd

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. MAKO より:

    どんどん素敵になるProcreateですね。アップデート情報いつもこちらを参考にさせて頂いてます。全ての項目が日本語表示になったのも嬉しいです。

    ただショックなことにアートワークの共有先にDropboxがなくなってしまいました。Evemoteでは無料版に限回があってPsd で書きだせません。
    多量のレイヤーごとパソコンへ移動できないのは痛手です。

  2. Dit より:

    パームリジェクションがBluetoothスタイラスと一緒に使用できないと書いてますが、一緒に使用できないのはJT Pixelpointなどの静電気式スタイラスだけで、WCS1やJT4などのBluetoothスタイラスは一緒に使用できます。ご確認をお願いします。
    また、WCS2はSDKは適用されたものの、ペンそのものの出来が悪く、サポートしないことにするという発表がありました。

  3. 匿名 より:

    とうとう来ましたねー。
    本家もちょこちょこ覗いていましたけど、
    現在WICS2持ちなので、今回の発表はかなり残念です。
    ワコムがどう対応してくれるのか…ハード的要因なので、難しいかもしれませんし、パームサポートについては、別のペン買う方向性かなぁとかんがえております。
    現状2.2で使うとしたら、オススメのペンはありますか?(;^_^A

  4. Necojita より:

    MAKOさんこんばんは。

    日本語表示に力を入れてくれたのは嬉しいですね。
    それとDropbox対応が外れたのは意外でした。iOS8からは共有機能が解放されているので、Dropbox側で対応してくれるかもしれません。

    有料アプリを利用すれば、ProcreateからDropboxへデータを渡すことはできるのですが…。

  5. Necojita より:

    Ditさんご指摘ありがとうございます。

    Bluetooth接続のスタイラスペンの中でもアクティブ方式の2種だけがパームリジェクション非対応ということですね。早急に訂正いたします。
    アクティブ方式のペンではタッチ面積にムラがあり、パームリジェクションの動作が不安定になるのかもしれません。

    Intuos CS2はこれからどうなるのか心配ですね。

  6. Necojita より:

    匿名さんこんばんは。

    Intuos CS2はペン先の感触が好きで使っていますが、Baomboo Paper専用になってしまってます…。
    今後のいい方向に向かってくれるといいのですが。

    個人的にはBluetooth接続なしのペンが気軽に使えていいような気がしています。定番のJot ProかSu-Pen、Digio2などはいいと思います。

    またもう少し使ってみて記事にする予定です。

  7. holahola より:

    Dropbox seems available but so annoying

    http://procreate.si/forums/index.php?topic=5640.0

  8. Necojita より:

    holaholaさん情報ありがとうございます。

    Dropboxちゃんと選択できました。
    ICloud Driveをオンにしていると気付きにくいところにありますね。

  9. MAKO より:

    Dropboxのプロ有料版を使えばpsdの受け渡しができるのでしようか?
    ICloudのことが良くわかっていないので、後編の記事に期待します。
    よろしくお願いします。
    8MBくらいならpsdをGメール添付で送れましたが、最大どこまで送れるかまだ確認してませんし、ダウンロードの手間がかかりますね。

  10. MAKO より:

    何度も書き込みすみません。
    Procreateを使って仕事しているので、
    使い勝手が悪くなると困るので焦りました。
    このコメント欄を読み込んで、ようやく理解でき
    Dropboxにたどり着きました。
    お世話になりました。

  11. Necojita より:

    MAKOさん

    Dropboxへの保存は分かりづらくなりましたね。
    無事保存できたようでよかったです。

    今までより一手間かかるようになったのは、やっぱりAppleがiCloudを中心に考えているからだと思います。