ProcreateでオススメのQuick Menu(ショートカットボタン)の設定と使い方解説


Procreateにはタッチ操作で素早く作業できるように「Quick Menu(クイックメニュー)」というショートカットボタン機能が用意されています。
今回は起動するための設定を変更する方法と、おすすめのカスタマイズを詳しく解説。これを活用すれば作業効率がUPすること間違いなしです。

Quick Menu(クイックメニュー)とは?


Quick Menu(クイックメニュー)とは、ショートカットボタンをキャンバス上に表示する機能です。ショートカットボタンには好きな機能を割り当てておけるため、自分のよく使うツールを設定することで効率的に作業できるようになります。

例えば「水平方向に反転」はアクションのキャンバスの項目の中にある機能で、通常なら3タップしないと実行できません。これをQuick Menuに登録すれば、2タップあるいはタップ長押し&スワイプの1ステップで行えます!

設定方法とカスタマイズの仕方


Quick Menuの起動設定は、「アクション」の中にある「高度なジェスチャコントロール」で変更できます。


「高度なジェスチャコントロール」の中にあるQuick Menuの起動設定は「タッチして押さえる(タッチ&長押し)」にしておきます。その下にあるスライダーは左右に動かして、タッチしてからQuick Menuが表示されるまでの時間を調整できます。


Quick Menuのボタンを長押しすると、ボタンに割り当てられている機能を変更できます。

ボタンに選べる機能には以下のものがあります。
同じ機能を複数登録することも可能です。

名前解説
Alphaロックレイヤー内の透明部分をロック
ぼかしぼかしツールに切り替え
ガイドアシスト遠近法ガイドへのスナップをON/OFF
カット
コピー
コピーが結合されましたクリップボードの内容を結合
ブラシを選択好きなブラシを設定
ペイントペイントツールに切り替え
ペースト
レイヤーの内容を選択
レイヤーを削除
レイヤーを塗りつぶす
レイヤーを複製
レイヤークリア
下へ結合
垂直方向に反転
実際のサイズ実寸サイズで表示
新規レイヤー
水平方向へ反転
消しゴム消しゴムツールに切り替え
アクションがありません設定しない

すばやくボタンを選択する方法


Quick Menuはボタンの配置を覚えれば、ボタンを見ずに操作できます。そのためにはタッチ長押ししたままボタンのある方向へ指をスライドさせます。ボタンを押さなくてもスライドした方向が大体あっていれば選択できます。

Quick Menuを起動してからボタンをタップすると2ステップかかりますが、これなら1ステップで選択できてより効率的です。

オススメのQuick Menu設定


私がよく使っているQuick Menuでは、ブラシ4種類と2つの編集機能を登録しています。4種類のブラシは作業に合わせて変更しています。

  • 水平方向に反転 (★特におすすめ)
  • レイヤークリア (★特におすすめ)
  • シャーペン
  • 鉛筆(6B)
  • 塗り円ブラシ (自作カスタムブラシ)
  • ペン入れブラシ (自作カスタムブラシ)

コピーやペーストなども機能も便利ですが、「3本指で下にスワイプ」すればコピー&ペーストメニューが選択できるので省いています。
詳しくは便利なジェスチャー(ショートカット)操作まとめでご確認ください。

自作のカスタムブラシは以下からダウンロードできます。

おさらい

Quick Menuに登録する機能は自分の制作スタイルにあったものを選べば何でもOKです。描くスタイルが変われば、Quick Menuも変わります。私はProcerateをずっと使ってきて今のところ上記の設定で落ち着いていますが、ときどき変更することもあります。

より便利なセットを考えるのもまた1つの面白さだと思いますので、ぜひみなさんも良いセットが出来たら教えていただきたいと思います。

スポンサーリンク