Necojitaが考える2016年にiPad Proに必要なもの

2015年は専用スタイラス「Apple Pencil」が発売され、本格的なペンタブレットとして生まれ変わった「iPad Pro」が登場した年となりました。
これからさらに環境が充実していくために、「iPad Proに必要なもの」をNecojitaなりに考えてみました。

USB3.0対応の高速Lightningコネクタ

USB3.0の高速なデータ転送に対応したLightningコネクタが出れば、Astropadのようなバーチャルデスクトップ系アプリのレスポンスは劇的に向上するはずです。

さらに外付けハードディスクから大容量のデータを取り出すのに活用できたら便利ではないでしょうか。

サードパーティ製のiPad Pro対応キーボード

iPad Pro用のキーボードの選択肢があまりにも少ない状況です。もっと軽いものや、デザインの違うものが選べるようになって欲しいものです。

Apple Pencilを収納できるタイプなどまだまだ新しい製品が生まれる可能性を秘めています。

日本では漫画を描ける高機能なソフトが必要

日本では漫画制作やイラストレーション作りのための本格的なソフトウェアは重要なシェアを握っています。iPadでは海外製アプリが中心(アート寄りで厚塗り向き)で、線画にこだわったペイントアプリが少ない気がします。

少しづつ日本製のアプリもリリースされてきていますが、より本格的な機能をもつ漫画制作などに最適化されたアプリが必要ではないでしょうか。
※画像はメディバンペイント

レイヤーを保持したファイル形式

レイヤーを保持したまま好きなアプリで画像編集やペイントができる環境が必要です。現状ではPSDファイル形式を使うしかありませんが、Appleが独自のファイル形式を用意してスパッと解決してくれないでしょうか。

Split Viewのアプリ選択方法改善


Split ViewはiPadの生産性を上げるために大切な機能です。でも対応アプリが増えてくると、アプリを選ぶのが面倒になってきます。

リスト表示にするとかお気に入りアプリを優先表示するなど、もっと効率的な方法に改善して欲しいと思います。

iCloud Driveのファイル管理機能の向上

iPadのファイル管理はWindowsに比べて不便だと言われています。iPadのファイル管理と言えばiCloud Driveがありますが、イマイチ使い勝手がよくありません。iCloud Driveがもっと直感的に使えたら、iPadの生産性はもっと向上するはずです。

Apple Pencilの交換用ペン先パーツ

サードパーティから摩擦や形状を工夫したペン先交換パーツが発売されるようになって欲しいです。ペンの書き心地の好みは人それぞれあるはずです。さらに手書きメモとスケッチ用途でも、求める使用感は異なるはずです。

問題は未だにApple Pencilが品薄で、Apple製交換用パーツの販売さえまだないということ。まずはこれを改善して頂かないと話が始まりません。

2016年はiPad Pro発展の年になることを期待

本年もiPad Creatorにお付き合いくださりありがとうございました。来年もiPadの制作環境がより充実していくよう情報をお伝えできればと思っています。

それでは、よいお年をお迎えください。

Necojita 2015.12.31

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク