Paintstorm Studio使い方解説「片ぼかし鉛筆ブラシを作る」

Paintstorm Studioの使い方解説です。私もまだ使い始めて間もないので初歩的なところから試行錯誤して解説していきたいと思います。
ひとまずラフ描きで欠かせないApple Pencil対応の「鉛筆ブラシ」の設定についてです。

鉛筆に片側ぼかしを加えたブラシを作る

鉛筆を寝かして描くときにできる片ぼかしのある線をPaintstorm Studioのブラシ設定を利用して作ります。

片ぼかしがあると鉛筆の向きなどに合わせた描き方ができて結構便利です。このようなブラシがアプリ内の素材だけを使って作れます。

(1) ブラシ形状とテクスチャーをカスタマイズする

ブラシ設定パネル内の「Custom form」を選択します。(選択されているときはオレンジ色に点灯しています)
次にその右横に表示されているブラシ形状のサムネイルをタップします。

ブラシ形状を選択できるパネルが開くので、その中から上の図で示した図形を選択しましょう。あとは「OK(Single Form)」を選んでパネルを閉じます。

TEXTURE(テクスチャー)の設定項目の「Use texture」にチェックを入れます。サムネイルをタップするとテクスチャ用の素材が選択できますので、好みのものを選んでください。
「Tex.strength」でテクスチャの強さも調整できます。

(2) Apple Pencilの筆圧と傾きに対応する設定

実際の鉛筆の使用感に近付けるためにブラシサイズをペンの傾きに、不透明度を筆圧に対応させます。
それぞれ「Size」「Opacity」と書かれた項目の左にあるボタンをタップして設定します。

まずはサイズの編集から。表示された設定項目から「Pen tilt」をタップしてオレンジ色に点灯させます。それから右にあるカーブで傾きに対しての変化を調整しましょう。

続いて不透明度を筆圧に対応させます。「Pen pressure」をタップして選択。カーブの編集もお好みで調整してください。

(3) Apple Pencilの向きに対応させる

最後にペンの向き(方位角)に対応させます。
「ANGLE」の項目の中から、「Angle 1」の左側のボタンをタップ。

表示されたパネルから「Pen direction」をタップして選択。これでペンの向きに合わせてブラシ形状が回転するようになります。

完成

以上でペンの設定は完了です。
1つの調整項目(サイズや不透明度など)にペンの傾きや筆圧などを複数対応させることも可能ですが、使いこなせない気がしているので今回のブラシ調整では避けています。

また上記の設定でもProcreateに比べてまだ足りないところもありますが、Apple Pencilの性能を生かすことはできたのではないでしょうか。

Paintstorm Studioを手に入れた方はぜひお試しください。

Paintstorm Studio
Paintstorm Studio(1.50)
カテゴリ:仕事効率化
エンターテインメント
価格:¥1,600
販売元:Sergei Komarov


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク