2017年には10.5インチを含めた3タイプのiPad Proがリリースか

複数の海外のメディアが報じるところによると、有力アナリストの情報では2017年秋にはiPad Proが3モデル体制でリリースされるようです。また、新たに加わるサイズは10.5インチと今までになかったものらしいのですが、はたして真偽はいかに?

10.5インチは今後のiPadラインアップを占うサイズになるか

情報が本当かどうかは置いておいて、今になって10.5インチモデルが追加される理由を想像してみると、ライバルと見られるSurfaceのラインナップに合わせる狙いがあるのかもしれません。

また、iPad Proの使われ方(Split Veiwを生かした生産性の高い作業)を考えると9.7インチでも少し狭いくらいと言えます。

リリースされたとして10.5インチが9.7インチと12.9インチのいいとこ取りとなるのか、中途半端なサイズになるのか実際に触ってみないとわかりませんね。

iPadユーザーにとっては、選択肢が多いのは良いことだとは思います。

iPad miniサイズのiPad Proは出ない?

iPad Proとしてリリースするには、4方向のスピーカーとApple Pencilに対応する液晶、パワフルなアプリを動かすだけのメモリなど高品質なものが求められます。

現段階でiPad miniの7.9インチサイズには、技術面・コスト面でiPad Proの機能を盛り込むのが難しいという可能性もあります。

さらにiPhoneが大型化しているためiPad miniのポジションが微妙になってきているとの見方もあり、今後はiPad Airの9.7インチが最小サイズになるか、もしくは新しい10.5インチがスタンダードになる可能性もあります。

ひとまず今年の秋に何かiPad Pro関連の動きがあるのか注目ですね。


情報元:

Apple Planning 10.5" iPad Pro in 2017, 'Revolutionary' OLED iPad as Soon as 2018 – Mac Rumors

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク