Pixel Press Floors | 紙に鉛筆でマップを書けばゲームに変換!自分でゲームを作って遊べるiPadアプリ

floors
ゲームを作るというのは敷居が高いような気がしますが、この「Pixel Press Floors」を使えば紙と鉛筆(iPad上で指でなぞるだけでもOK)でゲームマップを作れてしまいます。

1
シンプルなアクションゲームのデザインを紙と鉛筆で作れてしまうユニークなアプリです。サイトからダウンロードした用紙の上に記号を書き込んでから、iPadのカメラでスキャンするだけで自動的にゲームのマップに変換されます。

▼印刷して描けるマップ作成用紙は以下のページからダウンロード
http://projectpixelpress.com/floors-sketch-guide/

紙を使わずにiPad上で書いていくだけでも作れます。
今回はプリントせずにiPadだけで作れるモードをご紹介します。

2
「Create」をタップしたら、3つのモード選択が表示されるので「Draw-in-App」を選ぶとiPad上ですぐにマップを作れます。

3
マップを描くときにはいくつかの記号を用いて作成します。

4
鉛筆ツールを線を引いて地面を作成、その上に×印のブロックを描くとハシゴが追加されるなど14の要素が用意されています。

5
画面上部の「Design」ボタンを押すと実際にゲームで表示されるグラフィックを確認できます。
画面下部のボタンから背景画像やブロックの画像をいくつか選択できます。追加の素材を使いたいときにはアドオンでテーマを購入します。

7
さらにプレイボタンを押すと自分でゲームを試しにプレイ可能です。操作は上下左右の移動とAボタン(攻撃)/Bボタン(ジャンプ)のみでプレイしやすいものになっています。

アプリは無料でプレイできますが、自作のマップに敵を配置したり一部の機能は有料のアドオン購入が必要になります。ユーザーが作ったマップが投稿されており、アプリ内からダウンロードして遊べます。
まずはプレイしてみてどのようなものが作れるか試してみてはいかがでしょうか。

Pixel Press Floors (1.0)
カテゴリー:ゲーム
価格:無料
開発:Pixel Press Technology

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク