スケッチアプリAdobe Ideasは開発終了。作品データはAdobe Illustrator Drawに引き継ごう

IMG_0185.PNG
「Adobe Ideas」は長年ベクタースケッチツールとして愛用してきたアプリですが、開発が終了されることになりました。今後は同等の機能が使える「Adobe Illustrator Draw」に役割を引き継ぐことになります。
期限があるので早めにデータを同期しておきましょう。

Adoeb Ideasから作品を引き継ぐ

IMG_0183.PNG
上の画像はAdobeから送られてきたデータ引き継ぎの案内メールのスクリーンショットです。

Adobe Ideasの作品データは、Adobe Creative Cloudを介してAdobe Illustrator Drawに同期できます。期限は2014年11月21日まで。
時差のことも考えて早めに作業しておくほうが良いでしょう。

Adobe Illustrator DrawアプリもAdoeb IDアカウントを使えば無料で利用することができます。

Adobe Illustator Drawでデータを同期する

IMG_0187.PNG
Adobe Illustrator DrawアプリでAdobe IDを入力してログインします。それから画面左上のアイコンをタップして、設定パネルを開きます。

そこで「ファイルを管理」をタップして表示される「すべてのファイルを取得」ボタンをタップします。
作品データのダウンロードが開始されるので、アプリを終了せずにそのまましばらく待ちます。

IMG_0188.PNG
無事に作品データをダウンロードし終えれば、Adobe Illustrator DrawでもAdobe Ideasと同じようにレイヤーなどのデータを扱えます。

IMG_0189.PNG
Adobe Illustrator DrawはAdobe Ideasと違う部分もあります。消しゴムツールの切り替えが1ステップ増えたことは残念ですが、図形ツールが使えることやAdobe Shape CCを使ってベクター素材を読み込めるなどできることは増えています。

今後もAdobe Ideasのように操作性を改善しながら、進化していってほしいですね。

Adobe Illustrator Draw(1.0)
カテゴリ: 仕事効率化, ソーシャルネットワーキング
価格:  無料
開発: Adobe

Adobe Shape CC – Capture and create vector shapes(1.1.0)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格:  無料
開発: Adobe

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク