「iOS10.3 beta」にはiPad用の新しいフローティングキーボードやジェスチャ操作が隠されていた


今月25日から「iOS10.3」の開発者向けベータ版の配布がスタートしています。その中にはiPadのキーボード向けの新機能「フローティングキーボード」「キーボードジェスチャー」が入っているそうです。
予測されるリリース時期は、新型iPadのリリースが噂されている3月に近いため気になります。

片手用のフローティングキーボード


iPadに片手サイズのフローティング(好きな位置に移動できる)キーボードが追加されています。現在でもサードパーティ製のキーボードアプリに片手キーボードはありますが、iOS標準の片手だけですべてのキー入力ができるものは初めてです。

もし日本語環境でも使えるなら、フリックキーボードが最適な配置で使えてかなり便利そうです。

Split Viewの上でも自由に配置できる


新たに追加されると予想される片手キーボードは、Split Viewでの分割画面の上にも配置できて、カーソルを移動できるジェスチャーも使えるそうです。

ジェスチャー操作でスペースやバックスペースが可能


Appleからリリースされているアプリ「Swift Playgrounds」で使えるジェスチャーキーボードのように、左右にスワイプすることでどのキーでもスペース/バックスペースが可能となっています。

新機能から新型iPadを予想できる?

今回報告されている「iOS10.3 beta」の新機能が必ずリリース版に含まれるかどうかはわかりません。しかしAppleが新型iPadに向けてキーボードの強化を目指していると読めなくもありません。

3月に向けてiOSの進化にも注目です。

情報はiOSプログラマーのSteve T-Sさんから。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク