ミヤビックスOverLay Paperペーパーライク保護フィルム | かなり紙に近い質感で描けるApple PencilとiPad Proのための書き味向上保護フィルム


すでに購入して貼り付けていたペーパーライクフィルム「Clear View」は使い込んで摩擦が減っていたので、交換用フィルムを探していたところちょうど発見した新発売のミヤビックス「OverLay Paper」を試してみました。
iPad Proの液晶画面に紙のような質感を与えるApple Pencilユーザー必携のアイテムです。
過去に購入したフィルム3種とも比較してレビューします。

製品の基本情報


製品名価格サイズ厚み形状
ミヤビックスOverLay Paper2,592円不明不明ホームとカメラに穴

情報が掲載されていなかったためサイズと厚みについては確認できませんでした。貼り付けた感じではiPadにぴったりのサイズで、特別厚みがあるような感じもありません。

フィルム形状はホームボタンとカメラ部分に穴があるシンプルなものです。
iPad Pro 9.7とiPad Airに対応します。(iPad Pro 12.9版もあります)

パッケージには製品であるフィルム、折り曲げを防ぐ厚紙以外には付属品はありません。画面のホコリを掃除するテープは自分で用意しておく方がいいでしょう。

フィルムの貼り付け


フィルムの貼り方は、「液晶面」と表示された黄色いシールが添付されているシートを剥がして、液晶画面にゆっくりのせていきます。


貼り付けたときに気泡は入りますが、後から布などを使ってじっくり押し出せば何とかなります。

フィルムの貼り付けをサポートするような仕組みはないため、慣れていない人にはちょっと難しいかも。

フィルムの使用感について


表面の凹凸は今まで使ったフィルムの中で1番のきめ細かい感じがします。
エレコムなどの製品ではどちらかと言えばゴロゴロした粗め。ミヤビックス「OverLay Paper」ならより自然な質感が得られるでしょう。

スケッチでも手書きメモでも使用感は良好でした。

描画時のカリカリ・チリチリといった音も少なく、ペン先の摩擦はしっかり感じられます。

個人的評価

今のところ購入したペーパーライクフィルム4種の中では1番気に入っています。
チリチリとした音も少ないのにしっかりした摩擦感あり。多少青みはありますが反射軽減もあり、紙の質感に最も近い製品だと思います。

唯一気になるのは、Apple Pencilのペン先の方が先に削れてきそうなこと。
使用頻度が多い人や筆圧の強い方は、交換ペン先を用意しておくべきです。

ペン先の削れを確認しながらしばらく使ってみたいと思います。

↓ほかのメーカー製のペーパーライクフィルム3種も過去の記事で比較しています。

スポンサーリンク