内蔵マグネットで取り付け簡単!「Ztotop 11インチiPad Pro向け三つ折りスマートカバー」をレビュー。オートスリープ対応で公式並みの機能性

海外メーカー「Ztotop」からリリースの11インチiPad Pro向けスマートカバーを購入してみました。三つ折りタイプでスタンドとしても利用できる上、内蔵マグネットで本体に取り付け可能な新機構を採用しています。

蓋を閉じたときに自動でスリープする「オートスリープ機能」にも対応しており、一通り欲しい機能が揃っていながらコスパの優れた製品となっています。

第3世代iPad Proのみで使える!磁石で固定できる三つ折りカバー

Apple公式のアクセサリの方が質は良いと思いますが、やはりそのぶん割高です。今回購入した「Ztotop製 11インチiPad Pro向けスマートカバー」なら公式と同等の機能を持ちながら、かなり低価格で手に入ります。

iPad Pro買ったばかりでとりあえずカバーを付けておきたい、という人にもオススメできる製品です。

シンプルながら高い機能性を持ったカバー

パッケージを開けるとカバー本体と保護用の簡易なクッション材が1枚入っているのみ。梱包はかなり質素ですから、開封したら傷がないかは確認した方がよいです。

片面が三つ折りのための溝が入っており、背面側にはカメラ用の穴があります。Smart Connectorのための穴は空いておりません。

 

カバーの表面に特にデザイン的な特徴はなく、1カ所「Ztotop」のロゴが入っています。余計なものがないシンプルな作り。

 

カバーの内側はマイクロファイバー繊維が使われており、液晶画面に傷や埃がつくことはないでしょう。カバーの一部に磁石が入っているようで、その部分だけApple Pencil 2の磁石でもくっつきました。ただし持ち運びに使えるほどの磁力はないと思います。

以下、実際にiPad Proに取り付けて使ってみた感想です。

オートスリープ対応でさっと時間を確認できる。

三つ折りカバーのメリットはスタンド機能だけでなく、オートスリープからの画面チラ見ができるところ。三つ折り線の端で開くと、画面が起動してちょうど画面内の時間を確認できます。

これが結構便利でした。

 

当然ながら側面には固定するためのカバーが何もないためスピーカーやマイクを塞ぐこともありません。iPad Pro 3のデザインにはぴったりだと思います。

Apple Pencil 2を持ち歩くなら別途ケースが必要になりますね。

公式アクセサリとの比較

後ろがApple製「Smart Keyboard Folio」手前がZtotop製スマートカバーです。カバーの厚みや裏面のファイバー繊維が大きく異なります。

個人的にはApple製カバーは高級感はありますが、繊維の起毛が強くてゴミや埃が付きやすいのが難点です…。その点Ztotopは起毛は少なくてゴミも目立ちにくいですね。安い作りと言えばそれまでですが、必要十分な製品だと思います。

スタンド機能を使ってソフトキーもペンも同時に使いやすい

三つ折りにしたカバーを使って低い角度のスタンドとして利用できます。この角度はApple Pencilを使うのにも最適で、尚且つソフトキーでのテキスト入力もこなせる点で優れたスタイルだと思います。

このスタイルではApple Pencil 2充電のための磁気コネクタが手前側に来ますが特に支障はありません。スクリーンショットはやや撮りづらいかも。

新型iPad Proに内蔵されるマグネットを生かした新しいタイプのケースです。使用感を低価格で試してみたい方におすすめです。

カラーバリエーションもいくつか用意されていますので、お好きなものをお選びください。

Apple Pencil2の充電に対応した新型iPad Pro向けケースが続々リリース。手頃なクリアケースもおすすめ
新型iPad Proがリリースされたばかりで対応ケースが限られていますが、保護ケースを付けて使い倒したいところです。今回はまだ発送前ながらApple Pencil(第2世代)の充電・ペアリングにも対応した製品を中心に、ネット通販で調査し...
iPadケース
スポンサーリンク
iPad Creator

コメント