iPadをMacBook風に変身させるキーボードケース「Brydge」に2018年新iPad Pro向けモデルが公開

iPad ProをMacBook風に変身させるキーボードケース

iPad ProをMacBook風に使えるキーボードケース「Brydge」の新モデルが発表されました。USB-Cコネクタでの充電やタブレットモード対応といった新しい機能もあり、第3世代iPad Pro向けのキーボードケースの第1候補となりそうです。
価格もApple製品と比べて安くなる可能性がありますよ。

iPad ProをMacBookのように使いたい

iPad ProをMacBook風に変身させる

iPad Proの購入時にMacBookとどちらを購入しようか悩んだ方もいるのではないでしょうか?

この「Brydge」を使えばそんな悩みも解決。iPad ProをまるでMacBookのような見た目で使うことができます。もちろん見た目だけでなく機能面でも「Smart Keybord Folio」が抱えるいくつかの欠点を解決しています。

まず「Smart Keybord Folio」ではiPad Proを立てる角度は2種類だけですが、「Brydge」なら画面の角度を自由に、なんなら背面まで回転することができます。

画面を背面まで回転させればタブレットモードに

タブレットモードにも対応

「Brydge」は2in1スタイルのPCでよく言われるタブレットモードに対応しています。動画を見たり電子書籍を見るときに便利なスタイルですね。

ノートPCのMacbook風ケースでありながら、さらにタブレットとしての取り回しの良さも犠牲にしていません!

背面もカバーするデザインで曲げに弱いiPad Proも安心

iPad Proの背面もカバーする

2018年の新型iPad Proは曲げに弱いと言われており、さすがに薄いケースで持ち歩くのは不安が残ります。

「Brydge」には背面カバーも備えていて傷や汚れからiPad Proを守ってくれます。またキーボード部分と背面カバーの組み合わせがあれば、携帯するときでも安心でしょう。

キーボードの充電はiPad Proと同じUSB-Cコネクタで統一

充電はiPad Proと同じUSB-C

キーボードはBluetooth接続するためバッテリー内蔵型です。充電は必要になりますが、新型iPad Proと揃えたUSB-Cコネクタを採用しているため充電用に別のケーブルを持ち歩く必要はありません。

2019年リリースで価格もSmart Keyboard Folioと比べて安い?

2018年型iPad Pro向け「Brydge」の価格はまだ発表されていませんが、Apple純正の11インチiPad Pro向け「Smart Keybord Folio」が19,800円(税込)となかなかいいお値段するため、ひょっとしたら同程度の価格か少し安いくらいで販売される可能性があります。

ちなみに10.5インチ向け「Brydge」は129ドルでした。

キーボードケースとしては安くはないものの、より快適にiPad Proを使えるのであれば純正ケースから乗り換えてもいいかもしれませんね。

2019年初頭に発売予定です。

追記:価格と具体的な発売時期(プレオーダー)が発表されました。

  • 11インチモデル 149.99ドル
  • 12.9インチモデル 169.99ドル
  • プレオーダーは2019年1月
Brydge Pro
The highly anticipated bluetooth keyboard for the new 2018 Apple iPad Pro - Full keyboard with dedicated iOS keys- High-grade aluminum body- Any-angle viewing f...

コメント