Pogo Sketch Plus | 高精度の穴空きゴムを採用したTen One Design製スタイラスペン

pogo
過去にご紹介していたTen One Design製の新しいスタイラスペンPogo Sketch Plusをレビューします。プロフェッシャナル向けのPogo Sketch Proと同じ構造の穴空きゴムをペン先に採用。より扱いやすいモデルとなっています。

1
ペンのサイズはiPhoneとほぼ同じくらい。スタイラスペンとしては短く細いですが、クリップも付いているので携帯性の良いペンとしてデザインされています。

2
Pogoのロゴに合わせてクリップ部分には穴が空いています。ペン軸も金属製でメタリックなつやがありかっこいいですね。

Ten One Design独自の穴空き加工が施されたペン先

3
iPad画面での反応に最も影響のあるペン先はTen One Design独自の穴空き加工のされたゴム。穴空きの薄いゴムが中にある丸いパーツを包むように取り付けられています。
旧デザインのPogo Sketchで使われていたスポンジのペン先よりも格段に反応が良くなっています。

5
一般的なゴム製スタイラスペンでは柔らかいゴムの感触がありますが、Pogo Sketch Plusはペン先のゴムが薄く穴から空気が抜けるようになっているため、すぐにコツンと芯が画面に当たる感触があります。
反応もよく精度の高さはゴムのスタイラスペンの中ではNo.1と言えるかもしれません。

6
過去にPogo Sketch Proでもお伝えしたように、精度が高い(視界が遮られていても描画位置が予測しやすい)ペン先なのでズーム機能が無いPenultimateでこれくらい小さな文字でも書けます。

しかし、反応も良くて使いやすいペンなのですが注意すべきところがあります。
それはゴムが薄くて破れやすいところ。
特にiPadの画面に保護シート無しで使うとすぐに破けてしまいます。保護シート(摩擦の少ない表面がサラサラのアンチグレアがよい)を貼った画面上で使用すべき製品だと思いました。

丁寧に扱えば破れないとは思いますが、手書き文字だけでなくスケッチなどラフに使うことも考えると、耐久性に課題のある商品だと言えます。

4
現在はシルバー・ピンク・グリーン・オレンジの4色カラーで海外のTen One Designサイトから直接購入することができます。
Pogo Sketch Plusは一本14.95ドル(1,200円前後)に海外発送料金が追加で必要。私の場合には合計3,000円くらいかかってしまいました。何か他の商品と合わせて購入しないとちょっとお高いので、日本でも扱ってほしいものです。(テストで破れたのを買い直したいな…)

Ten One Design
http://tenonedesign.com

ちなみにPogo Sketch Proはペン先が細くて反応がシビアなのでPogo Skecth Plusの方がおすすめです。


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク