PhotoSyncのバックグランド更新を使ってカメラロールの写真を自動転送する

syncp
iPadやiPhoneの写真のやりとりだけでなく、さまざまなクラウドサービスに画像を転送できるアプリPhotoSyncの新機能「自動転送」を試してみました。ジオフェンスを利用してカメラロールの写真を全自動でPCに転送したりPicasaにアップロードすることができます。

カメラロールの画像を自動転送するための設定


PhotoSyncアプリを開いたら右下の設定アイコンをタップ。表示されたSettingsパネルの中から「Autotransfer」を選択します。


「Configure」ボタンをタップしてアプリがカメラロール内の画像を自動転送するのを承認します。


自動転送は設定したジオフェンスに対応して行われます。「Saved Locations:」でジオフェンスに指定する場所を調整しておきましょう。もし位置が間違っている場合は、地図上に表示されているピンをドラッグして修正できます。


私の場合は自宅に戻った際にWifiでMac miniに写真を転送するようにしたいので、Target(転送先)がMac miniになっていますがFlickrやDropboxなど好みのサービスに設定可能です。

※画像の転送先は「Configure」であらかじめ認証したサービスのみが表示されています。PhotoSyncでは他にもFacebookやBoxなど幅広いクラウドサービスに対応しています。

iPadの設定アプリでバックグランド更新を設定する



設定アプリを開いたら、[一般] → [Appのバックグランド更新]をタップします。Appのバックグランド更新がONになっているか確認して、PhotoSyncのスイッチをONに設定します。


Appのバックグランド更新の下の方に解説されていますが、ジオフェンスとは「特定の地域を囲む仮想の境界」です。指定したジオフェンスに入ったときにだけアプリの機能が実行されます。
ジオフェンスを利用することで、バッテリーの消耗を抑えたり位置情報を使ったサービスを受けることができます。


ジオフェンスを使用するときには当然ながら位置情報サービスもONにしておく必要があります。PhotoSyncの項目がONになっているのを確認しておきましょう。


最後に、画像の転送を確認したいときには通知センターに登録しておくといいでしょう。転送が完了した時点で通知してくれるので安心です。

以上で画像の転送設定は完了です。カメラロールに保存された写真がすぐに転送されるわけではありませんが、保存忘れを防いだり転送の手間を省けるのはなかなか便利です。
バックグランド更新はiOS7の新機能の中でも発展性のある機能なのでどんどん活用して便利な使い方を探してみてはいかがでしょうか。

PhotoSync – wirelessly transfers your photos and videos (2.0.2)
カテゴリー:写真/ビデオ
価格:¥300
開発:touchbyte GmbH


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク