miniDraw 2 | まるでSAIのように線の筆圧調整機能が使える新世代iPadベクタードローアプリ

IMG_0275.PNG
「miniDraw 2」は基本無料で使えるベクタードローアプリです。アンカーを操作して滑らかな曲線や図形を描くことができます。さらに有料のプロ版を購入すると「線の太さを好きなポイントで自由に調整できる」筆圧調整のような機能が追加されます。
iPhoneでも使えるユニバーサルアプリです。

ストロークの太さを好きなポイントで調整できる

IMG_0277.PNG
まるでペン入れをしたような自然な筆圧の感じられる線を、タッチ操作だけで作れるベクタードローアプリが登場しました。

IMG_0279.PNG
描いた線は後からアンカーを調整してなめらかなカーブに修正できるため、誰でも好みの線が作れます。また筆圧を調整するように1本の線の中で太さを自在に変化させる機能があります。

IMG_0283.PNG
全ての操作を指だけで快適にできるようにドラッグ操作に対して、編集中のポイントを示す円のサイズが変化するといった視覚的な工夫もされています。

IMG_0278.PNG
線の位置や曲線の修正はツールバー右下の「Edit Operation」から行います。「Weights Operation」を使えば太さをコントロールできます。

ツールバー左側にパスの削除・追加・結合などのメニューが表示されるようになっています。

太さの変化を加えるとペン入れしたような自然な表現が可能に

IMG_0276.PNG
↑筆圧調整した線を比較。指だけで作成しました。筆圧を調整すると線に表情が感じられるようになります。
iPadのベクタードローアプリでは均一な線を描く機能しかないものが殆どです。例外的にAutodesk InkやAdobe Illustrator Drawには入り・抜きの再現や筆圧対応スタイラスペンを使って太さの変化をつける機能はありますが、後から修正することはできません。

このアプリでは思い通りの線になるまで後から調整できる上に、全ての操作を指だけで行えます。

IMG_0282.PNG
レイヤー機能や図形ツールなどもあります。テキストのアウトライン化はできませんが、他のアプリで作成したベクターデータを読み込むことはできます。
有料モードを含めて以下のような機能があります。

・画像の読み込み
・テキストツール(アウトライン化はできない)
・ベクターデータの読み込み機能
・出力はPNG、SVGと独自のファイル形式M2F
・レイヤー機能(グループ、ロック機能あり)
・図形ツール(四角・円形)
・投げ輪選択ツール
・直線・ペン・フリーハンドツール
・変形ツール

有料プランは期間限定

このアプリでは有料の機能が1ヶ月・6ヶ月・12ヶ月のサブスクリプション制になっています。使い続けるには継続してお金を支払い続ける必要があり、長く使い続けるとそれなりに金額がかかります。
しかし1ヶ月だけなら100円で使えるため、使いたい時だけ契約して低コストで使用することもできるでしょう。

使用する端末によっても使用感に違いが出るアプリですので、基本的にはiPad4以降がおすすめです。

miniDraw 2 – Vector Illustration(2.0)
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化
価格:  無料
開発: Black Bunny Studio

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク