iPad手書きメモアプリまとめ [2015年春最新版]

ipadimage
iPadで手書き(スタイラスペンでの)メモやノート作りにチャンレンジしたい人のための、2015年最新「手書きメモアプリまとめ」です。すべてのアプリを管理人がチェックして、ベストなものだけを厳選してお届けします。
2014年にアップデートのなかったものや、サポートが停止しているアプリについては掲載していません。

▼最新版を掲載しました。
[2016年春版]Apple Pencil対応 手書きメモアプリまとめ – iPad Creator

定番のベスト手書きメモ・ノートアプリ

ipadimage
定番アプリとして残ってきた以下のアプリにはいずれも「パームリジェクション」機能があり、スタイラスペンで手書きメモをとることが定着しつつあるようです。さらにPDFの編集機能は充実し、手書きメモとPDFは切り離せない関係と言えそうです。

Noteshelf : カスタマイズ性が高く万年筆や鉛筆などの親しみやすいツールが揃っています。テキストの下書きやアイデアメモなどに最適で、まさに紙とペンを置き換えるアプリと言えそうです。
追加購入が必要になりますが、Evernoteにノートを同期できる機能も便利です。

GoodNotes 4 : 手書きメモとして使えるだけでなく、PDFビューアーや注釈入れとしてベストな選択だと思います。PDFのページを入れ替えたり回転できる機能も地味ながら仕事で役立ちます。とても実用性の高いアプリです。

Metamoji Note : 手書きメモをテキスト変換する機能も備えた多機能なメモアプリ。唯一国産のアプリということもあり解説もとても親切です。タブを切り替えてページを表示する機能は、資料を見ながらメモを取りたいときに重宝します。無料版のMetaMoJi Note Liteも用意されています。

Notability : 画面下に向かって好きなだけページを追加できるアプリ。録音とメモを同時に作成できるなど、長文を書くことのある学生さんや会議でメモをとる方に向いています。ペンは万年筆っぽさが強く線の強弱がはっきり出ます。

Penultimate : Evernoteからリリースされているアプリで、ログインすると自動で手書きメモを同期します。最近のバージョンアップではデザインが大きく変更されてしまい、安定性を欠くところはありますが、無料で使える手書きメモとしてやはり魅力的です。

スケッチとメモを両立したい人のためのアプリ

ipadimage
主にスケッチ用途で使うアプリでも、手書きメモに使えるものが増加しています。特にBluetoothスタイラスペンとの組み合わせで、パームリジェクションが利用できるなど追加機能が提供されます。

Bamboo Paper : Wacom製のBluetoothスタイラスペンと連携して、リアルな水彩や鉛筆などのスケッチが楽しめます。手書きメモアプリとしても使いやすく、Evernoteにサクッとページを保存できるのが便利。

Paper by FiftyThree : アプリのデザインや水彩ツールが人気のスケッチアプリ。専用のスタイラスペンを使うとパームリジェクションや、ペンの接触面積で太さを変化できる機能が使えます。
現時点ではスケッチ向けのアプリですが、今後手書きメモ機能も強化されていくようです。

Forge by Adonit : JotスタイラスペンをリリースしているAdonit社のスケッチアプリです。スケッチアプリの中では珍しくレイヤー機能を採用。Jot TouchやJot Scriptのパフォーマンスを最大限に引き出せるはず。

手書き文字変換系・高機能メモアプリ

7notes for iPad : 手書き文字を日本語変換するアプリの先駆けとして注目された7notesも、キーボードアプリmazecが出たことによって役目を終えた印象があります。今後は手書き入力をしたい人はmazec、手書きメモをテキスト変換したい人はMetamoji Noteを選択していくことになりそうです。

MyScript Smart Note : Metamojiなどに手書き変換プログラムを提供しているMyScript社からリリースされている手書きメモアプリ。文字の削除や変換をジェスチャーで行える機能も面白いです。

Notes Plus : 手書きメモのテキスト変換、Webクリップの挿入、ページレイアウトの細かな設定まで行える高機能なアプリ。設定項目が多く自分好みのスタイルにカスタマイズできます。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク