BlockBear | クマさんが Web広告を程よくカットしてくれるiOS9対応アドブロックアプリ

ipadimage
iOS9からSafariで使えるようになったアドブロックアプリをいくつか試して見ました。その中から今回は「BockBear」をご紹介します。
広告を完全に削除しなくてもよくて、ページの読み込みが早くなればいいかな、という人にはちょうどいいと思います。かわいいクマのアイコンも楽しいです。

かわいいグラフィックで広告ブロックを導入できる

ipadimage
広告ブロックがまだオンになっていないときは、羊が震えながら表示されています。
そこで画面上部のスイッチをオンにすると…

ipadimage
ガオーっとやる気のあるクマが登場。広告ブロックが開始された証です。
設定アプリのSafariアドブロックの項目で、「BlockBear」のスイッチをオンにするのもお忘れなく。

ipadimage
機能としては主要な広告ブロック、ソーシャルボタン、トラッキングのブロック、ホワイトリスト(ブロック機能を無効にしたいサイトURLを登録)を好みに合わせて選択できます。

広告ブロックの効果は充分あり

ipadimage
実際に広告ブロックを導入すると、どうなるか広告の多いサイトで比べてみました。
広告の種類によってはブロックできないものもあるため、すべての広告を排除できるわけではありませんが、概ね良好です。
表示もやや軽くなったように思いますので、導入する価値は充分あると思います。

もし完璧に広告ブロックしたい人は、自分でブロックする広告を登録できるアプリを選択する方が良いようです。
「BlockBear」は手軽に試したい人におすすめ。

広告ブロックはSafari限定です。

ipadimage
広告ブロックの機能はSafari限定ですので、他のアプリから表示されるWebページには効果がありません。広告ブロックアプリを購入するときは、その点にも注意しておきましょう。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク