Autodesk SketchBook 4.0アップデート | 最大100メガピクセルのキャンバスに対応!「予測ストローク機能」など6つの新機能を解説

新機能6「対象ドローイングツールと定規で図形を描く」


操作しやすい円形定規と直定規ツールも刷新され、デスクトップ版のものに近い仕様になりました。
薄く表示された定規をコントロールして、直感的に描けます。

円形定規は楕円になるように変形させたり、角度を調整できます。


また対象ドローイングツールでは、左右対象に描ける機能をさらに拡張し最大16方向に同時に描くことができます。


模様を描いたりする際に便利な機能で、定規ツールと組み合わせて使用することも可能です。

使用感と追加して欲しい機能


実際に使用してみた感想としては、手ぶれ補正の効果で滑らかで美しいストロークが得られ、Apple Pencilで描いていて気持ち良いいです。
機能面でかなりデスクトップ版アプリに近づいていますね。

一方で気になるところもいくつかあります。

Apple Pencil仕様時は右端にあるレイヤー/カラーバーの上に手のひらを置くことになり、ちょくちょく誤動作します…。

また最近のiPad向けグラフィックアプリで広く採用されている、2本指、3本指タッチでの元に戻す、やり直すジャスチャーや、ペンでドローイング、指で消しゴムを使用する指モードなどのトレンドも取り入れて欲しい。

できればパース定規とレイヤーグループ機能もあると便利ですよね。(追加の有料アドオンでもいいので欲しい!)

今回のアップデートで高機能で使いやすくなっただけに、さらにiPad環境を考えた機能を追加してくれることを期待してしまいます。

Procreateに比べると細かい動作で劣るシーンはありますが、それを補えるだけの魅力が出て来たのではないでしょうか。

アプリは無料でダウンロードできます。
600円のProツールを購入すれば全機能が使用可能。

Autodeskのサブスクリプションサービスを使用している方は、アカウントでログインすると使用できるようです。

スポンサーリンク