iPhone6とAPPLE WATCHの組み合わせで生まれる未来

applew
本日夜中に行われたAppleの新製品発表会で、遂にApple製の腕時計が公開されました!Appleが腕時計を作ったからと言えども、さすがに腕時計はしないかも…という意見もあるのでしょう。
しかし大型化したiPhone6とiPhone6Plusを見ると、やっぱり腕時計型の小型デバイスは必然なのかもしれません。

iPhone6とiPhone6Plusの2モデルが登場

5
事前にリークされていた情報のとおり、iPhone6は以前のiPhoneより大型化したラインナップとなりましたね。iPhone6は4.7インチ、iPhone6Plusは5.5インチでどちらも丸みのあるより薄いデザインが採用されています。

2
画面サイズはiPhone6では「1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi」とiPhone5よりサイズが大きくなっただけですが、iPhone6Plusでは「1,920 x 1,080ピクセル解像度、401ppi」と高画質化していますね。

iPhone6Plusくらいのサイズだとモバイルスケッチが結構イケルかも…。

iPhone6Plus大型化でバッテリー増も魅力

1
今回のiPhone6Plusはサイズが大きくなったことで、バッテリーも持ちが「連続待ち受け時間 最大16日間(384時間)」と飛躍的に伸びています。一方でiPhone6は「最大10日間(250時間)」でiPhone5Sとほとんど差がないようです。

iPhone6だけの機能「拡大表示」や「横向け表示」

3
iPhone6にはカメラ機能の強化などいろいろiPhone6だけのものが用意されています。画面が大型化して表示されるアプリ数が増加していますが、「拡大表示」機能を使ってより少ないアプリを表示して使えるモードがあります。

4
iPhone6だけの機能ではないのですが、iOS8から追加される「横向け表示」もまさにiPhone6のための機能ではないでしょうか。対応アプリがリリースされるのが楽しみです。

APPLE WATCHの登場は必然なのかも

7
遂に登場した「APPLE WATCH」ですが、現時点では細かい通信機能などあまり情報がありません。独自のWatch OSで動作して、サードパーティ製アプリも動く、非常に多機能でデザインにも凝った腕時計型デバイスです。

今はiPhoneもあるのに腕時計まで持ち歩くかな?という気分ではありますが、今後iPhone6などの大型化してしまった携帯端末はバックの中、さっと情報を確認できるデバイスには「APPLE WATCH」のようなウェアラブルデバイスを使うのが主流になるかもしれません。

個人的にはiPadかiPad miniが鞄の中にあって、「APPLE WATCH」で移動中いろいろ情報を確認できればiPhoneなしでも生活できそうな気分です。(APPLE WATCHはiPhone必須なので今は無理ですね。)

8
みなさんはどのように「APPLE WATCH」のある生活を想像しますか?

Apple
https://www.apple.com/jp/watch/

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク