写真がリアルな水彩画に生まれ変わる「Waterlogue」アプリが近日リリース

Waterlogue
「Waterlogue」は写真を読み込んで本物の水彩画のように加工するアプリ。水彩の持つ独特な滲みゃ深い色の変化をリアルに再現できます。加工したものだけを見ると本当に描かれた作品のように見えるクオリティです。


Waterlogueは写真に水彩画風のフィルターをかけて加工するアプリですが、対象の輪郭を抽出して鉛筆で描いたような線におきかえる機能と、色を水彩のタッチに置きかえる機能の組み合わせで1枚の絵に仕上げます。


輪郭線のない絵柄や塗り残しを作るものなど10種類以上のファイルターが用意されています。水彩で描いたと言われて見せられたら、信じてしまいそうなリアルな質感。


iPhoneとiPadで使えるユニバーサルアプリとして年末・年始ごろにリリース予定。今週の火曜日か水曜日にもリリース予定。(※変更になる場合もあります。)
→リリースされました。

Waterlogue (1.0.1)
カテゴリー:写真/ビデオ
価格:300円
開発:Tinrocket, LLC

Waterlogue
http://www.waterlogueapp.com

開発元であるTinrocket, LLCから他にも以下の2つの画像加工アプリがリリース済みです。両方とも個性的で美しい作品が作れます。興味のある方はぜひお試し下さい。

Percolator (2.4)
カテゴリー:写真/ビデオ
価格:300円
開発:Tinrocket, LLC
Popsicolor (2.2)
カテゴリー:写真/ビデオ
価格:300円
開発:Tinrocket, LLC


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク