Noteshelf 7.0 | Jot Touchにも対応。色鉛筆やカリグラフィペン追加でスケッチにも便利なノートに大進化

notes
仕事にも趣味にも使える手書きノートアプリ「Noteshelf」が7.0にバージョンアップ。今回のバージョンアップでは色鉛筆やカリグラフィペンが追加されて、スケッチなどの趣味に活用できる新機能がすばらしいです。
筆圧感知スタイラスペンJot TouchやPogo Connectを使用すればより楽しめるでしょう。

新しいペンのカリグラフィと色鉛筆が追加



万年筆ペンに加えてカリグラフィと色鉛筆が新しく追加されました。なめらかな描きごこちは変わらず、10段階のサイズを手軽に切り替えて書けます。


使用できる色も好きな色を登録できるような機能が追加。カラーパレットで調整するかCOLOURlovers.com(さまざまな配色が共有されているサイト)から好みの色を抽出することもできます。

ノート表紙に好きな写真を設定


ノートカバーにアルバム内の写真が使えるようになりました。
本棚の画面で編集→ノートのカバー選択項目で[カスタム]を選ぶと好きな写真をカバーアートとして登録できます。

筆圧スタイラスペンの設定方法


Jot Touchなどの筆圧対応スタイラスペンを使用するには[ノート設定]ウィンドウ内の[スタイラス設定]で使用するペンのスイッチをONにします。


スイッチの横にあるマークは詳細設定を開くボタンです。


Jot Touchの2つのサイドボタンには、それぞれ6種類の機能を登録できます。さらに押下&ロック(ボタン長押し)にも機能を割り当てできるようになっています。


Jot Touchでは筆圧感度と精度を別々に設定できます。筆圧はペンの太さや透明度の変化に、精度はスタイラスペンの描画位置をより正確にします。
文字書きなど筆圧が不要なときには精度だけONにして筆圧をOFFにするなど切り替えるといいでしょう。色鉛筆では筆圧で透明度が変化するようです。

スケッチなど趣味での楽しみが大幅UP


今回のアップデートは色鉛筆やカリグラフィペン追加など、ノート作りを趣味として楽しめる要素が大幅に強化されたと思います。
リストガード機能を備えているため、スケッチでスタイラスペンを使うときにも快適です。ぜひ手書きノートでお絵描きにもチャレンジしてみてください。

バージョン 7.0 の新機能
– カリグラフィペンと色鉛筆ツールの追加
– ノートカバーのカスタマイズ
– ペンストロークを改良
– ペンカラーのカスタマイズ機能
– ColourLovers.comから配色を追加する機能
– Adonit Jot Touch、Pogo Connect、Hex Jajaの筆圧感知型スタイラスペン対応
– ランドスケープモードでのノート対応
– 複数のユーザビリティの改善

Noteshelf – 手書きでノートを取り、PDFに注釈を付けよう (8.5)
カテゴリー:仕事効率化
価格:600円
開発:Ramki


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク