Procreateでよく使っている基本塗りブラシ【Jot Touch対応】

proc-1
Procreateの次期アップデートまではまだ時間がかかりそうなので、個人的によく使っているブラシ設定とブラシファイルを紹介しておきます。
特別な素材を使ったブラシではありませんが、幅広く使える塗りブラシとしてお試しください。

細部の描写から塗りまで使う基本ブラシ


私が普段Procreateで使用してる全体のおおまかな描画を行うためのブラシです。Wetnessの設定を強めにしているので、お好みで調整してみてください。


スケッチを拡大したところはこんな感じです。
Jot Touchで使用するため、ブラシ幅や透明度の最大値と最小値を絞って筆圧をコントロールしやすいようにしてます。


ブラシの形状とテクスチャは登録されているものを使用しています。
Wetnessブラシの最大の調整ポイントはスタンプの形が残ってしまうところ。Jot Tocuhで使う方がムラが出にくいです。(Wetnessブラシは次期アップデートでスムーズになるように改良されます。


細い線もブラシ幅を調整して使用します。


ブラシを共有したいときには、ブラシパネル上でスワイプして表示される[Share]ボタンから行えます。
Dropbox上にアップロードして共有リンクを作成するのが1番手軽な方法かもしれません。(私はBoxに慣れているので、Box上で公開しています。)

↓Procreate向けベーシックブラシ(basic.brush)
https://app.box.com/s/ved1kgo9tdo8r5r78j47

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク