Scanbot | 自動スキャン自動アップロード機能搭載で書類をサクっとデジタル化できるスキャナーアプリ

scanbot
「Scanbot」はiPadのカメラでもきれいに書類のデジタル化が可能なスキャナーアプリです。書類をサクっとスキャンしてDropboxなどクラウドサービスに保存できます。iPadの大きな画面を利用すればメモを加えたり署名を入れるのも簡単です。

どこでもiPadでスキャン&メモ入れ

1
自動できれいなスキャンデータが作成できるアプリです。書類やレシートのスキャンに加えてQRコードの読み取りにも対応しています。スキャンしたデータの自動アップロード機能も非常に便利です。

2
アプリを起動するとすぐにスキャンできる画面に切り替わります。シャッターボタンがありますが、用紙の端がはっきりしていれば自動的に撮影→切り抜いて歪みを補正してくれます。
画面が暗かったり角度が悪いときにも画面上に注意が表示されるので、それに従って調整しましょう。

6
スキャンできたら画像の切り抜きを調整したりカラーの補正モードを選択します。白黒の書類であればグレーかモノトーンが最適です。明るさやコントラストがきれいに調整され、ゴミなどもほとんど残りません。

7
データはアプリ内に保存しておいていつでも見直したりメールに添付したりできます。
画面左側にデータのリストを表示、右側に書類をプレビューします。

8
スキャンした書類は、見るだけでなくマーカーで線を入れたりメモを加えることができます。署名を登録しておいていつでも書類に追加できる機能もあります。日本ではあまり使われない機能かもしれませんが、スタンプ代わりに使えたり、工夫次第でいろいろ応用できます。

アプリ設定で自動アップロードを活用

3
アプリの設定では、スキャンしたデータを「カメラロールにJPGを保存」したり「自動アップロード」のためのセッティングを行えます。

4
自動アップロード先としてはDropboxやGoogle Driveなど8種類のクラウドサービスを選択できます。

iPhoneとiPadで利用できるユニバーサルアプリです。スキャンした書類をそのまま活用できる点では、iPadでの使用はかなり実用的だと思います。
インターフェースが良く出来ていて、自動的に作業が進むのが気持ちよいスキャナアプリです。iPadにもiPhoneにも入れてどこでも書類のデジタル化にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スキャンボット | PDF及びQRコード・スキャナー、クラウド・アップロード、マルチページ・スキャン (2.0.1)
カテゴリー:ユーティリティ
価格:¥200
開発:doo GmbH

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク