iOS8で完璧なリストガード機能が登場する予感。手のひらとペン先を識別する画期的なプログラムが公開される

palmr
スタイラスペンを使って手書きメモやお絵描きをするときに、手のひらを置いて書けたらもっと快適だろうな思うことはありませんか?一部のiPadアプリでは擬似的に手のひらとペンを識別する「リストガード」機能が提供されていますが、完璧ではありません。
iOS8ではこの機能が飛躍的に改善される可能性が出てきました。

Probabilistic Palm RejectionとiOS8

1
今年開催された「CHI 2014」という学会で発表の「Probabilistic Palm Rejection」というプログラム技術が公開されiPadアプリに採用されることが期待されています。
iOSアプリでスタイラスペンを使用する際に問題となっていた「手のひらとペン先」を識別する新しい技術です。

2
この技術を使ったアプリでは、iPadアプリのPenultimateやBamboo Paperに採用されているリストガードを大きく上回る精度が確認されています。

3
「Probabilistic Palm Rejection」は3つの要素を組み合わせて精度の高いリストガードを実現しています。

1つはiOS8から採用されるタッチ面積を読み取る機能。iOS7までは画面に触れたものが手のひらだろうとペン先だろうと1つの同じ点として扱われてきました。しかしiOS8からはタッチした点のサイズを識別できるため、面積の広い手のひらと細いペン先を正確に区別できるのです。
さらにタッチした点の「動き」と「距離」の関係性を含めて総合的に手のひらとペン先を判定します。

4
実験ではPenultimateの3分の1しか誤反応は出ないことが確認されています。

実際にこのプログラムが多くのiPadアプリで採用されて、もっと精度が上がってくれば理想的なリストガード機能となるのではないでしょうか。

iOS8には色んな可能性が秘められているなと改めて感じました。

▼サイトではソースコードも公開されています。
Probabilistic Palm Rejection Using Spatiotemporal Touch Features and Iterative Classification

Bamboo Paper – ノート (2.3.1)
カテゴリー:仕事効率化
価格:無料
開発:Wacom

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク