AppleからiOS8.3がリリース。iPadでも新しい絵文字やキーボードなどの不具合修正を確認

ipadimage
AppleからiOS8.3がリリースされています。絵文字の追加やVoLTE対応など新しい機能もありますが、大量の不具合修正が含まれており、全体的にパフォーマンスが向上するアップデートのようです。早速iPadにもインストールしてみたので、気になったところをレビューしたいと思います。

ユニークな絵文字がたくさん追加されました

ipadimage
iOS8.3での新機能と言えるのが絵文字の大幅な追加です。えらく金髪の人が増えたような気がします。絵文字によっては、タップ長押しするとさらに色合いの違う絵文字を選べるようになっています。
絵文字の並び方も変更されていて、選びやすくなったのではないでしょうか。

他社製のキーボードの不具合が修正された

ipadimage
ATOKなどの他社製キーボードでは、起動が遅かったりアプリによっては起動しないことがある不具合が修正されています。ATOKキーボードがサクッと起動してくれるのはかなり気持ちいいです。

他社製キーボードの実用性がますますUPしたように思います。

ATOKが最新アップデートで使いやすく進化。iPadのメインキーボードとして使ってみた | iPad Creator

Bluetoothキーボード接続中はソフトキーが非表示に

ipadimage
Bluetoothキーボード接続中にテキスト入力を始めるとソフトキーが表示されることがあるのですが、一度ソフトキーを閉じるとその後はアプリを切り替えても出ないようになっています。
今までは何度もソフトキーが表示されてしまうため、キーボード非表示にするボタンを押す手間がかかっていました。これでまた一つiOS8環境が快適になりました。

iPad Airをウルトラブックに変えるBluetooth3.0軽量キーボードカバー[レビュー] | iPad Creator

結論:iOS8.3はアップデートする価値はある?

個人的にはパフォーマンスの改善やキーボード関連の不具合修正には満足しています。ファミリー共有での不具合も直っていて個人的には嬉しいですね。絵文字など目新しい機能だけでなく、実用性の面でもアップデートする価値のある内容だと思いました。

以上、iPad Ai 2とiOS8.3での使用感でした。

追記:
手書きキーボード「mazec」で不具合報告が出ているようです。
AppStoreでTouchIDの不具合報告が出ているようです。

*アプリによっては不具合が出ているものもあるようです。アップデートは自己責任でお試しください。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク