この秋iPadが生まれ変わる。iOS9で追加される注目の新機能

ipadimage
昨晩発表されたiOS9は、iOS8をより安定させることを優先し新機能の追加は控えめでしたが、iPad向けには今までの使い方を一変させるような新機能が追加されます。
特に画面分割の機能はiPadアプリの使い方をガラリと変える可能性を秘めています!

iOS9がiPadを変える

ipadimage
iPadはこれまでiPhoneと同等の機能を、大きな画面で使えるということが主なメリットと考えられて来ました。でもiOS9では明確にiPadに最適化された新機能が追加され、効率的に作業ができる端末として進化しそうです。

[QuickType] テキスト編集が便利になる拡張キーを追加

ipadimage
キーボードの上にカットやペーストといった編集キーが追加されます。現在はポップアップメニューから選択している機能ですが、この新しい編集キーがあればタップの一手間を省けることがあると思います。

ipadimage
キーボードの上で二本指をドラッグしてカーソル移動できるようになります。
今でもサードパーティ製キーボードに同じ機能が使えるアプリはありますが、不足している機能があり実用性が低いものばかりでした。

上記の編集キーと組み合わせれば、テキスト編集が飛躍的に効率的になりそうです。

[Multitasking] 画面分割して2つのアプリを同時に使用

ipadimage
「Multitasking」にはアプリを同時に使用するための3つの機能が含まれています。

1つめは[Split Over]。アプリを離れることなく、画面の端にアプリを呼び出すことができます。
SNSのタイムラインやメールをちょこっと参照したいときに便利そうです。

操作方法もシンプルで、アプリを起動中に画面の右端から左へスワイプで起動。上端から下へスワイプで表示アプリを切り替えできます。

2つのアプリを同時に操作するのではなく、画面端に最小限のサイズで一時的にアプリを呼び出せる機能です。

ipadimage
2つめは[Split View]。画面を1:1か7:3に分割してそれぞれ操作できます。
マルチウィンドウに近い使用感になり、書類を見ながらテキスト編集するなどデスクトップのような作業が可能になります。

2つのアプリを同時に使用する(メモリや処理性能が要求される)ため、この機能はiPad Air2のみ対応しています。

Safariとメールを起動し、Web内のテキストや画像をドラッグして、メールに貼り付けるような使い方もできます。

ipadimage
3つめの[Picture in Picture] では再生している動画の画面をミニウィンドウとして、画面上の好きなところに配置(最前面に表示)できます。さらに2本指を使って画面サイズを調整可能です。

動画を流しながら作業するのが好きな人にぴったりな機能ですね。
FaceTimeで会話しながら、作業するといった便利な使い方もできるようです。

新機能に対応するアプリ、向いているアプリ

Multitaskingの機能はiPadでアプリを効率的に使えるよい方法だと思いますが、すべてのアプリで使えるわけではないと思います。
画面分割に向いているアプリとしては、テキスト編集やブラウザなど。縦向けのレイアウトになっていないアプリは使いにくそうです。

正式リリースは今年の秋となりますが、7月中には一般ユーザー向けのベータ版がインストールできるようになります。

いち早く使いたい人はAppleのサイトで事前に登録しておくとよいでしょう。

Apple Beta Software Program

[参照ページ]
Apple – iOS 9

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. MAKO より:

    画面分割機能でぜひやってみたいことが、資料写真を見ながら、お絵描きアプリで絵を描くこと。これができれば、さらにイラストの仕事がどこでもはかどります。