Copied | Clipsを超えたSplit Viewでの全自動保存対応のクリップボード管理アプリ


クリップボード管理アプリ「Clips」は、テキスト編集時に欠かせないアプリなのですが、完全にこれを置き換える「Copied」が登場しました。
「Clips」と同等の機能を備えて、さらにリスト管理や検索機能など便利な機能を追加。Split View使用時には全自動保存にも対応しています。
※記事内ではアドオン購入済みの機能を紹介しています。

クリップボード管理アプリの新定番


iPadでは2カラム表示になります。左側にコピーしたテキストのリストや画像を表示、右側に内容のプレビューとテキスト編集が行えます。


アプリの上部にはクリップボードの中身を表示したり、削除できるボタンがついています。
この機能も頻繁にコピーを使うときには非常に便利です。

Split View使用時には全自動でクリップボードを保存


Split Viewで「Copied」を起動していれば、作業中にコピーしたものをすべて保存できます。


全自動保存するためには、アプリの設定で「Auro Save When Active」をオンにするだけです。

リスト分類と検索機能でデータを再利用できる!


「Copied」の真骨頂はここから。
アプリ内に保存したテキスト・画像をリストに分類できます。よく使うテキストやリンクなどを保存しておけば、テキスト編集のときの拡張キーのように機能します。

また検索機能を使って過去のデータを再利用。検索したキーワードも保存できるようになっています。

「Copied」自体をテキストエディタとして使える


リストに追加したテキストは、メモ帳代わりにも使えます。
当然アプリ内でコピーしたテキストも保存されるので、クリップボード管理機能付きのテキストエディタのようにも扱えます。


しばらくの間クリップボード管理アプリの定番であったClipsですが、私は完全にCopiedに置き換えできました。

無料から試せるので、Clipsを使用している方はぜひお試しください。

Copied
Copied(1.0.1)
カテゴリ:ユーティリティ
仕事効率化
価格:無料
販売元:Kevin Chang


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク