[2015年最新版] iPadで使えるベクターグラフィック系アプリまとめ

iPadではスケッチアプリやテキストエディタが数多くリリースされていますが、ベクターグラフィック系アプリもかなり充実しています。マルチタッチ操作はマウスとはまた違ったインスプレーションがあるかもしれません。
ここでは2015年最新版ベクターアプリをNecojitaが厳選してご紹介します。

Graphic

Graphic – illustration and design
iPad Proでのマルチドキュメント対応。フォントのインストールやドット単位の調整ツールもあって完成度が高い。

Protosketh

ProtoSketch – Vector Graphic Design made Easy
主にプロトタイピング向けに特化したアプリ。キーボードショートカットに対応していて、効率的な作業ができます。

Adobe Illustrator Draw

Adobe Illustrator Draw — レイヤーを使用した伸縮可能なベクターイラストレーション
アドビ製のスケッチアプリ。ベクターデータをIllustratorで開くこともできます。

Assembly

Assembly – Design graphics, icons, logos, scenes and characters
図形を並べて手軽にイラストを作成できます。
パスの編集など細かい調整はないのですが、積み木遊びの感覚で作れてアイデアを出すのに最適です。

TouchDraw

TouchDraw
アノテーションやプレゼン用素材の作成に便利なアプリ。ベクター素材が揃っていて、好きなものを並べて矢印を入れるだけでも形になります。

miniDraw 2

miniDraw 2 – Vector Illustration
イラストレーション作成向けのアプリ。ストロークの太さをポイントごとに編集できるのが最大の特徴です。

Grafio

Grafio – Diagrams & ideas
プレゼン向け素材やブレインストーミング作成に向いているアプリ。よりグラフィックに凝った素材をを作りたいときにおすすめ。

Isometric

Isometric
ジオメトリックパターンが簡単に作れるアプリ。ベクターデータでの出力だけでなく、グランジやブラーなど効果的なフィルターを加えた画像出力にも対応しています。

ベクターグラフィック系のアプリは他にもたくさんありますが、上記のものは使いやすくて最新のOSにも対応しています。

仕事に活かす素材を作ったり、アイデアをメモする感じで使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク