Sidefari | Safariをツインブラウザ仕様にできるSplit View対応アプリ

sidefari

Safariのタブを2つ並べて表示できたら便利かも、と思ったことありませんか?「Sidefari」はSplit Viewを利用して、Safariを2画面に表示できるようにするアプリです。
ブラウザを多用するときには手放せないアプリです。

Safariをもう1つ表示するだけで効率が2倍に


「Sidefari」で出来ることはそれほど多くはありません。
Safariで表示中のページを開いたり、クリップボードからURLを取得してページを開く、履歴を表示するといったことが主な使い方です。

でもSafariがもう1つ開けるというだけで、使い方がガラリと変わることがあります。

ブラウザで編集、動画視聴するときにも大活躍


ブラウザが2つあるとSafariで編集したものをSidefariでプレビューするような使い方ができます。試しにWordpressをブラウザで編集して、SidefariでプレビューURLを開いて作業すると非常に快適でした。


他にもPicture in PictureやSplit Viewに対応していない動画サービス(YouTube やニコニコなどはアプリがマルチタスキング非対応)をSplit Viewで表示しながらブラウジングできます。

別のブラウザを並べても同じことはできますが、ログイン情報や表示方法が変わってくるためSidefariを使う方がやっぱり便利ですね。

共有からいつでもSidefariを起動


Sidefariはブラウザの共有機能からでも呼出せます。
Safariで表示しているページのURLをSidefariで開くことができます。

Safari以外のブラウザやTwitterアプリなどのブラウザからでも、共有機能が使えるものならどれでも連携できます。


リンク先を開きたいときはコピーしてから、クリップボードをペーストして使用します。

便利な使い方がきっと見つかる

私も実際に使ってみるまでは「そこまで便利になるかな?」と思っていましたが、活用方法が見つかるともう手放せません。

マルチタスキング対応iPadをお持ちの方にはぜひ試してほしいアプリです。

Sidefari - Web browsing companion for Safari
Sidefari – Web browsing companion(1.1)
カテゴリ:ユーティリティ
仕事効率化
価格:¥120
販売元:Francisco Cantu


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク