Paintstorm Studio | 豊富すぎるブラシ設定が魅力のPC版ペイントアプリがiPadに完全移植

すでにPCでリリースされている多彩なブラシが魅力のペイントアプリ「Paintstorm Studio」がiPadに登場しました!PC版の豊富な機能を惜しみなく積み込んでみます。機能が多すぎて全て解説しきれませんが、iOS版の特徴を少しご紹介します。

デスクトップソフト並みに豊富なブラシ機能

iOSアプリとは思えない豊富なブラシ設定が魅力です。もちろんApple Pencil対応で筆圧や傾きに合わせて描画を調整可能。それぞれの設定項目ごとに調整カーブが用意されています。

画面を広く使えるズーム型ツールパネル

キャンバスを開いてすぐ気付いたのが広々としたインターフェースです。多機能でありながら画面内のキャンバスの表示領域が広い。

代わりにツールパネルが小さく表示されています。このままでは操作ができませんが、タップしてみると…


ツールパネルが大きくズーム表示されます。必要なときだけズームして使える非常に考えられた仕組みですね。

タッチ操作を快適にする「Hot Buttons」


タッチパネル端末での操作を快適にするためにキーボードショットカットの代わりに「Hot Buttons」があります。これは画面の好きな場所にボタンを配置して使えるというもの。
スポイトやブラシ・消しゴムツールの切り替え、ブラシサイズの調整など多数のボタンが好きなだけ選択できます。


画面左上の「・・・」と表示された部分をタップすると、上部ツールバーが現れます。ツールバーの中から「File」をタップ→ 開いたパネル内の「Define Hot Buttons」を選びます。


「Define Hot Buttons」で表示されたパネルには、画面に配置できるボタンがたくさんリスト表示されます。
使いたいものをリストから選んで、「Enable」にチェックを入れます。全画面表示モードでも表示させたいときは「Ignore TAB」にもチェックしておきましょう。

ボタンの配置を編集するには、編集したいボタンを指2本でタッチしたままドラッグで移動、2本の指を広げたり閉じたりするとサイズを変更できます。(ピンチインアウトと同じ操作です)

すべて英語表示のツールは慣れが必要

iOS向けにインターフェースが工夫されており、かなり使いやすいのですが、すべてのツールが英語表示なので直感的に使えるようになるには慣れが必要です。

また現時点ではiTunesを経由してしか作品ファイルを出力できず、キーボードショットカットが使えないなどデスクトップ版に慣れている人には不便を感じるところが多いようです。

とは言えデスクトップPC向けのペイントツールがそのままiPadで使えるのは感動モノですので、ペイントソフトに興味のある方はぜひ試してほしいアプリです。

今後も機能解説の記事をアップしていく予定です。

Paintstorm Studio
Paintstorm Studio(1.50)
カテゴリ:仕事効率化
エンターテインメント
価格:¥1,600
販売元:Sergei Komarov


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク