Handy Art Reference Tool | 怖いくらいリアルな手や頭部を3DCGで再現したデッサン向けモデルアプリ


もともとリアルな手のポーズアプリとしてご紹介していた「Handy Art Reference Tool」がアップデートで大幅に進化しています。
スケッチやデッサンのモデルに使える、手や頭部の3DCGが100パターン以上収録。iPad ProなどではSplit Viewを使ってスケッチすることができます。

スケッチやデッサンの練習に使えるポーズアプリ


最新のアップデートではSplit Viewにも対応。アプリでモデルを表示しながら、スケッチアプリ(画面では標準メモアプリを使用)でApple Pencilを使って描くこともできます。

手や足、顔のモデルを100タイプ以上収録


アプリを起動したら、まずリストからモデルを選びます。
リストは上から手のモデル(男性と女性)、足のモデル、顔のモデル(男性女性と動物など)、保存したモデルと並んでいます。


手のモデルには自然なポーズをつけたモデルが100種類以上収録されています。

生々しくてちょっと怖いくらいリアルな3Dモデル


3DCGモデルアプリの中でもテクスチャのリアルさが圧倒的です。
男性の手のモデルでは手の皮膚の毛穴まで再現されていて、生々しくてちょっと怖いくらいです。


画面上で左右にスワイプして回転させたり、ピンチでズームしたりして好みの角度で表示できます。

モデルに当たっている光源も色合いを変更したり、光源の位置を立体的に調整できます。

手のポーズは関節を編集可能


手のモデル画面上部の骨が折れたマークのアイコンをタップして、関節を自由に動かせます。

ランダムに変化させるボタン(サイコロのアイコン)も面白いのですが、ぐにゃぐにゃになってしまってあまり実用的では無いですが面白いポーズが作れます。

お絵描きの練習やデッサンのモデルに最適


顔のモデルの中には、骸骨や面取りされた頭部などデッサンの勉強になるモデルが用意されています。


また、追加のアドオンを購入すれば、動物の骸骨の頭部なども表示できます。こちらもテクスチャがリアルで描きごたえがあります。

紹介したモデルの一部は追加購入が必要になりますが、それでもかなり充実した内容で低価格だと思います。
お絵描きのお供にぜひご活用ください。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク