Inkboard | お絵描きできるキーボードに画材が豊富なアプリが登場。マーカーやクレヨンでいつでもスケッチしよう

inkboard
過去にお絵描き機能付きのキーボード「Jot Keyboard」を紹介していましたが、「Inkboard」ではさらにマーカーや鉛筆など豊富なツールを使うことができます。
使い方に注意が必要ですが、キーボードからメッセージアプリなどに投稿できるのが楽しいです。

キーボードを開けばいつでもお絵描き開始

3
まずはiPadに「Inkboard」キーボードを追加します。iPadの「設定」を起動してから、一般→キーボード→「新しいキーボードを追加…」から「Inkboard」を選択しましょう。

「フルアクセスを許可」をONに設定しておかないと画像を投稿できないのでご注意ください。

5
Twitterアプリで「Inkboard」キーボードを開いた画面です。

右下のアイコン(選択色を表示)をタップすると画材が選択できます。一番左端に消しゴム、それから右にクレヨンやマーカー、鉛筆、ボールペンなどたくさんの画材が並んでいます。

6
二本指でピンチ操作すると2倍くらいまで拡大して表示できます。拡大すれば指でも手書きメモなども作れると思います。

7
完成したお絵描きは右上の紙飛行機アイコンをタップして、専用サーバーにアップロードして保存するかクリップボードにコピーします。(クリップボードにコピーに不具合あり)

アップロードした場合は、URLがテキスト欄に挿入されます。

8
Twitterに投稿するときは画像リンクを貼り付けることになりますので、タイムラインにプレビューは表示されません。

注意点としてはお絵描き途中でアプリを切り替えたりすると絵が消えてしまうことがありました。また、投稿するときにクリップボードにコピーを選んでも、コピーされない不具合があるようです。
アップデートされるまでは、絵は専用サーバーに投稿して保存するしかありません。カメラロールに直接保存するような使い方をしたいときは、「Inkboard」アプリを起動してそこでお絵描きするとよいでしょう。普通のお絵描きアプリとしても使用できます。

無料で使えるので面白いキーボードをお探しならぜひお試しください。

Inkboard (1.0)
カテゴリー:ユーティリティ
価格:無料
開発:Doodle.ly, Inc.

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク