「Procreate」次期大型アップデート バージョン5.0の内容が発表!フローティング表示のカラーパレットやCMYKカラーモードに対応など新機能が続々追加

Savageよりペイントアプリ「Procreate」の次期アップデート情報が公開されています。発表されている内容としては、CMYKカラーモードへの対応やブラシのカスタマイズ環境を全画面で行える「Brush Studio」、そしてカラーパネルのフローティング表示など魅惑の機能が多数用意されています。
iPad版Photoshopのリリースが近いこともあり、今後もどんどん機能が強化されていくのでしょうか?さっそく公開情報をもとに新機能を解説していきます。

Savageが大望の大型アップデート Procerateバージョン5.0をリリースへ

本日「Procerate」の開発元であるSavageの公式サイトやSNSアカウントにて、バージョン5.0の内容が一部公開されています。

公開されている情報から推測も含めて新機能を詳しく解説していきます。自分の目で確認したい方は以下の公式ホームページでご確認ください。

Discover Procreate

「Brush Studio」でブラシのカスタマイズがより手軽に

ブラシのカスタマイズ性の高さは「Procreate」の大きな魅力でもあります。しかしながら設定項目が増えてくると、試し書きしながら調整するのはなかなか面倒な作業です。

新しい「Brush Studio」は現在のブラシプレビュー画面をより全画面に拡大したようなインターフェースで、パラメータを調整しながらその横ですぐに試し書きができます。これでブラシのカスタマイズ作業がずいぶん楽になるでしょう!

アニメーション作成アプリ並みに便利な機能が追加!

現在のバージョンではレイヤーをアニメーションGIF形式で出力できますが、アニメーション作りのための機能は特に用意されていません。
バージョン5.0ではアニメーション制作で活用されるオニオンスキンインスタントプレイバック機能のような専門アプリ並みの機能が搭載されます。

ペイントアプリとしてのポテンシャルがアニメーション作りでも生かせるようになるでしょうね。

カラーパレットを画面の好きなところに配置できる!よりデスクトップライクな作業環境が実現

「Procreate」はiPadの小さな画面の中で最大限の作業領域を確保できるように工夫されています。しかし大きなiPad Proの画面ではツールを常時表示して作業効率を上げたいと感じる場面もあるでしょう。

5.0アップデートでは、特にカラーパレットが上部のツールバーから切り離して移動できるように改良されており、常に表示したままで作業が可能です。

ツールパネルの上部にあるバーをドラッグして好きな位置に移動、表示したまま描けばいつでもパレットに手が伸ばせます。

ブラシの色が華やかに変化する新パラメータ「カラーダイナミクス」追加

個人的にブラシ設定として欲しかった機能「カラーダイナミクス」が追加されます。

Apple Pencilの筆圧や傾きに合わせて色がランダムに変化するように設定可能。植物の葉のように微妙に変化する色合いをブラシの1ストロークで手軽に再現できるようになります。

CMYKカラーモードとクローンツール搭載でデジタルアーティストが本業で使えるツールへ

「Procreate」を好きで愛用しているアーティストでも最後はPhotoshopで色を調整しないと仕事では使えない…ということはよく聞かれます。

でもCMYKカラーモードに対応すればほとんどPhotoshopに頼ることがなくなるかもしれませんね。

さらにクローンツールも追加され表現の幅もグッと広がります。

リリースの時期は「Coming Soon」

魅力が満載のバージョン5.0ですがまだ正確なリリース時期は発表されていません。今までの流れだとオープンベータ版が公開され、不具合修正が済んでからリリースになるのではないでしょうか。

バージョン5.0はiOS13対応のiPadで利用できる無料アップデートとして予定されています。

「Procretae」をまだ試していない方もこの機会にぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

Procreateアプリの使い方・機能解説まとめ
Procreate(プロクリエイト)は高速な描画エンジンを使用したiPad定番のお絵かき・イラストアプリです。鉛筆や水彩などアナログ感のある画材を上手く再現しつつCGらしい高いカスタマイズ性も備えています。Photoshopのように自作...

コメント